FASHION

武蔵小杉駅直結の新商業施設「ららテラス」4/19オープン、都市型ライフスタイルをサポートする新ランドマークが誕生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


三井不動産は、東急東横線・目黒線武蔵小杉駅直結の商業施設「三井ショッピングパークららテラス武蔵小杉」を、4月19日にオープンする。

駅前の再開発計画が進行中で、今後の人口増加が見込まれる武蔵小杉エリア。ららテラスの店舗面積は約8,000平方メートル、店舗数72店舗。駅直結の1階には生鮮食品から惣菜、スイーツまで人気店をそろえた食ゾーン「小杉マルシェ」、2・3階には女性だけでなく男性・ファミリーにも対応するセレクトショップが登場。同じく駅直結の4階にはフィットネスや料理教室、「すまいとくらし」の悩みをサポートする「三井のすまいモール」、健康をトータルサポートする「ららテラスクリニックモール」を導入し、利便性の高い商業施設を目指す。

三井不動産グループは「武蔵野の森」の再生をコンセプトに、武蔵小杉駅に緑豊かな住環境を作る街づくりを推進してきたが、住宅施設、東口駅前広場の整備、ららテラス武蔵小杉のオープンによって、武蔵小杉の新たな駅前ライフスタイルを作り出す。
[元記事:三井ショッピングパークららテラス、武蔵小杉に誕生。衣食住、暮らしをサポート]

53825.jpg

注目のファッションテナントは、「UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング)」や「URBAN RESEARCH DOORS(アーバン リサーチドアーズ)」、「BARNYARDSTORM(バンヤードストーム)」、「coen(コーエン)」をはじめ、シップスが手掛ける新ライフスタイル業態の2店舗目となる「SHIPS Days(シップス デイズ)」などが出店。その他、「Francfranc(フランフラン)」やキッチン雑貨の「212 KITCHEN STORE (212キッチンストア)」など全72店舗が出店、ファッションから雑貨までトータルに揃えます。

駅前再開発計画によるタワーマンション建設が進み、2010年のJR横須賀線の武蔵小杉駅開業で、購買力のある30代ファミリー層が流入しているといわれているだけに、武蔵小杉はファッションマーケティング的にも注目エリアとしてみることができます。さらに、今年9月30日(火)には、イトーヨーカ堂をキーテナントとしてセブン&アイ・ホールディングスによる新商業施設「アリオ武蔵小杉」もオープン予定となっており、街全体のさらなる活性化が予想されます。

 

fashion_headline_2.png

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 新商業施設「グランツリー武蔵小杉」オープン、全160テナントが入…
  2. 武蔵小杉駅直結の新商業施設「ららテラス」4/19オープン、SHI…

新着記事

  1. louisvuitton-jeffkoons_2
  2. toga-barbour
  3. vintage-meet-018
  4. trankers-fleamarket
  5. © CHANEL

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintage-meet-018
  2. Processed with VSCO with c1 preset
  3. vintage-meet-016top
  4. kofukuron20
  5. vintage-meet-015
PAGE TOP