FASHION

三陽商会、直営EC「社内在庫の完全連携で、店頭取り寄せ購入」サービスを提供開始



三陽商会は、自社直営EC「SANYO iStore(サンヨー・アイストア)」で展開する全24ブランドの社内在庫の完全連携を実現し、「LOVELESS(ラブレス)」と「GUILD PRIME(ギルドプライム)」「三陽山長」では店頭から「お取り寄せ購入」を可能にするサービスを4月23日(水)から開始します。

これは、同社のオムニチャネル施策として消費者の購買行動の変化と、自社ECにおける在庫欠品による「購入機会ロス」の課題に対応するもので、システム会社のNTTデータの開発協力のもと、提供されています。これにより、EC用在庫が欠品していても、実店舗用在庫が倉庫や店舗にのみ在庫がある場合、「お取り寄せ購入」が可能になります。順次、対象ブランド・対象店舗を拡大していくといいます。

SANYO-iStore-Omnichannel02.jpgNTTデータによるお取り寄せ購入 店頭在庫お取り寄せイメージ

ユナイテッドアローズでは、「自社ECから店舗への商品取寄せ」で試着予約サービスを試験的に一部スタートするなど、アパレル各社のオムニチャネル施策の動きが活発化しています。オムニチャネルに取り組む上で忘れてはいけないのは、仕組み自体の構築や最新のシステムが先行するのではなく、顧客の購買行動の受け皿としての視点、つまり”どうしたら買い物がしやすい環境になるか”という一般のユーザー視点で仕組みを構築していくということだと考えます。

“実店舗のショールミング化”を危惧する流通サイドと自社EC比率向上を図るブランドサイドがどのように”ファッション流”のオムニチャネルの仕組みを構築していくのか、各社の動きに今後も注目できます。

・三陽商会「SANYO iStore」 http://sanyo-i.jp/

関連記事

  1. nanouniverse-ecapp ナノ・ユニバース、ストレスを与えないEC専用アプリに注目。スピー…
  2. hotelkoetokyo-smartregister 夜間は「無人」&キャッシュレスのアパレルショップ、渋谷「hote…
  3. fashionmarketing2018 2018年まず始めたいファッションマーケティング、デジタル時代の…
  4. seibusogo-kimuratakuya 木村拓哉が”「わたしは、私。」正解は、ない。「私」があるだけ。”…
  5. galaxy-note8 【特集】インスタ映えする写真3つのテクニックとは?─ iPhon…
  6. eldest-miyakoshiken 【特集】次代のセールスエージェンシー、エルディスト誕生。「物とし…
  7. yamatozozo-pudostation ゾゾタウンとヤマト運輸が共同。EC業界初、駅やスーパーなど「ロッ…
  8. goldwin-ecrenewal 「ザ・ノース・フェイス」「スピード」運営のゴールドウィン、ブラン…

新着記事

  1. initialkicksdaikanyama
  2. HUNTING WORLD18
  3. tiffany-tsmile
  4. prada-black
  5. supposedesignoffice-hotel

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet021_top
  2. vintagemeet020_1
  3. vintagemeet019_top
  4. kofukuron-21top
  5. vintage-meet-018
PAGE TOP