FASHION

新生「ルイ・ヴィトン」エキシビジョン、新宿店で開催中”SERIES 1″が業界人必見の理由



9月5日、ルイ・ヴィトン新宿店で8日から行われるエキシビション「SERIES1―THAT WAS THEN, THIS IS NOW」の内覧会及びレセプションが行われた。

同エキシビションは、新アーティスティックディレクター、ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)による「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」14-15AWコレクションの立ち上がりに合わせ、彼のクリエーティブプロセスを振り返る内容。世界2ヶ所のみで実施され、東京の他上海で開催されている。
店内は大きく改装され、1階が「ブラック」、2階が「ホワイト」というテーマのもと、様々なコンテンツが展示される。驚きなのは、1階はすべて展示スペース、売り場は2階半分のみという構成だ。

まず最初のコーナーはLVマークをネオン管で作った「Louis Vuitton」だ。裏にはミラーが貼られ、永遠に続くLVマークに幻惑される。ここではニコラの親友、シャルロット・ゲンズブールが彼の初コレクションへの意気込みをつづった手紙を朗読する声が流れる。「The letter」コーナーではその全文が掲示される。次の「Magic trunk」ではニコラのイメージがあふれ出すように、パターンや裁ち鋏、新アイテムなどがホログラムとスクリーン映像をプレゼンテーション。1階ラストとなる「Infinite show」ではマルチディスプレイにより万華鏡のように14-15AWコレクションが流される。BGMも響き、コレクション会場のようだ。

階段を上り、2階に上がると打って変わって明るい空間が待ち受けている。「Accessories Gallery」は同ブランド14-15AWビジュアルに登場しているニコラのミューズ、モデルのMarte Mei van Haasterを3Dプリンターで出力したスカルプチャーがたたずむシュールな空間。白1色の空間の中に、バッグやシューズ、ピアスを身に着けた発泡スチロールのMarteがポーズを取り、時には壁と一体化しつつ、見る者にルイ・ヴィトンのアクセサリーを提案する。アクセサリーのインスピレーション源となった同ブランドアーカイブ「ピモダム伯爵のキャビン・トランク」(ミニトランククラッチ)、「ミスター・クロッカーの書棚トランク」(ベルト)など貴重な品も共に展示されている。

シュールな空間の次は、ファッションフォトが力強く来場者を迎える。アニー・リーボヴィッツ(Annie Leibovitz)、ユルゲン・テラー(Juergen Teller)、ブルース・ウェーバー(Bruce Weber)らによる14-15AWビジュアルが全壁面をパッチワークのように覆った「Poster Room」だ。フロアに積み重ねられるのはパトリック・デマルシェリエ(Patrick Demarchelier)とテラーによるファッションストーリーポスター。うれしいことに自由に持ち帰ることが可能だ。

クリエーティブプロセスのラストは「The Collection」。ニコラの初コレクションアイテムが並ぶ売り場で締めくくりとなる。クリエーティブプロセスを見終えた後では各アイテムに様々な思考が去来するのではないだろうか。

レセプションにはニコラとルイ・ヴィトン マルティエ 代表取締役会長兼CEOのマイケル・バークが来日した他、海外からクロエ・セヴィニーやアデル・エグザルコプロス、菊地凛子、小泉今日子、浅野忠信、シシド・カフカ、冨永愛、中田英寿、道端ジェシカ、ヨンアらがお祝いに駆けつけた。

なお、エキシビションに関連した動画は、ルイ・ヴィトン公式サイト、渋谷スクランブル交差点のマルチビジョンや各ニュースサイトで公開中。

[元記事:新宿ルイ・ヴィトンでニコラ・ジェスキエールの創造を巡る。小泉今日子、浅野忠信、ヨンアら来場]
87898.jpg「Poster Room」のポスターは自由に持ち帰れる

今回のエキシビションは、新しいアーティスティック・ディレクターにニコラ・ジェスキエールを迎え、話題となったコレクション誕生の背景をスト―リー化して見せることで、新生「LOUIS VUITTON」を実際に”体験”させる場として店舗を”改造”する、大掛かりなイベント開催です。

期間中は売り場が大幅に縮小するという大胆な施策ではありながら、上顧客のさらなるロイヤル化はもちろん、新規顧客にとってもまるでファッションの美術館に訪れたような感覚にまず陥り、映像ルームではコレクションショー会場にいるようなセレブ感覚も演出し、さらにビジュアルがコラージュされたポスターは自由に持ち帰れる”お土産”付きの仕組みなど、ブランドへの理解と愛着を醸成する今回の取り組み。ファッション・マーケティングにおいて大事な視点である、”ブランドの姿勢や背景をストーリーでわかりやすく伝える”という視点を体現するものとして、メゾンに限らず、業界に関わる者であれば、必見の価値があるとF.M.J.としては考えます。

・「LOUIS VUITTON」公式サイト http://www.louisvuitton.com/

 

fashion_headline_2.png

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. louisvuitton-dsmg 「ルイ・ヴィトン」がドーバー ストリート マーケット ギンザ店を…
  2. 181083 【Scentpedia】ルイ・ヴィトンから70年振りに新フレグラ…
  3. ルイ・ヴィトン×藤原ヒロシのコラボレーションがついにリリース、&…
  4. ルイ・ヴィトンのルーツに迫る展覧会「旅するルイ・ヴィトン」が話題…
  5. ルイ・ヴィトン「モノグラム」豪華コラボ発表、川久保玲・ルブタン・…

新着記事

  1. kingdomoverride1
  2. biocbonazabujuban
  3. crystalmagic
  4. ninaxmas2016-1
  5. matsuyaginza-jewelry2016

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet6
  2. thisisnewyork05
  3. lifestylerenovation22
  4. cementisfashion002-1
  5. coco06
PAGE TOP