LIFESTYLE

【RAMEN with you】第6麺 「一途」@武蔵小山




1億2,000万人の中から、誰かと誰かが引き寄せられ出会うように、
全国3万5,000軒の中から、お気に入りのラーメンと出合うことも運命的です。
6年前、東銀座で一杯のラーメンを食べてから、美味しいラーメンを求め食べ歩き、
くぐった暖簾の数だけドラマがあります。
その感動をお伝えしたい、僕があなたを連れて行きたいお店がここにあります。

Photo & Text : Takahiko Makiba
 第6麺|元”ラーメン女子大生”、ラーメン評論家のあの人と行くラーメン

ゲスト: 本谷亜紀さん / ラーメン評論家兼タレント
先日、出張でマカオに行ってきました。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンの傘下であるDFSグループが、40ブランド、400点以上の時計を展示販売する「マスター オブ タイム(MASTERS OF TIME)」というイベントの取材です。

RAMEN_with_you_main06_03.JPGラスベガス行ったことないけど、さすが東洋のラスベガスことマカオ
RAMEN_with_you_main06_02.JPG

*詳しくは、WWDJAPAN.com & WWDジャパン12/22号をチェック

RAMEN_with_you_main06_04.JPG

そこでは、時計専門のオンラインマガジン「ホディンキー(HODINKEE)」のベンジャミン・クライマー(Benjamin Clymer)編集長にインタビューしました。彼は、英「コンデナスト トラベラー」の表紙にも登場し、Jay.Zなどの時計選びのアドバイスもしているようです。彼が証券会社に勤務していた頃に、オメガやロレックスに関する記事を書き始め、それが米「GQ」誌エディターの目にとまり、同誌をはじめ米「フィナンシャル・タイムズ」紙などに寄稿するようになったそうです。そしてホディンキーを立ち上げました。趣味のように始めたことが仕事になり、今はまさに時計に”一途”な専門家です。

専門家といえば、ある日のこと、

「ラーメン好きな牧羽さんに紹介したい人がいます」。

そんなふうに知人から紹介されたのがラーメン評論家の本谷亜紀さんです。

RAMEN_with_you_main06_05.jpg

本谷さんは、2010年にテレビ朝日の「お願い!ランキング」に出演。大学生だったことから”ラーメン女子大生”の愛称で呼ばれ、これをきっかけにラーメン評論家となったそうです。「森田一義アワー 笑っていいとも!」にラーメンの講師として出演もしました。書籍も出されていますね。

RAMEN_with_you_main06_06.jpg[左]ラーメン講師として
「笑っていいとも!」出演 [右]書籍「日本初の[女性ラーメン評論家]になっちゃいました!」(扶桑社)

現在も精力的に全国各地のラーメンを食べ歩き、雑誌やTVショウの取材をこなしています。彼女もまた、”一途”なのです、そうラーメンにね。
そんな本谷さんとラーメンを食べに行くならここしかない。武蔵小山にある「一途」だ。

RAMEN_with_you_main06_07.jpg

ラーメン店として営業を行いながら、店内には掘りごたつ式の個室があり、1日1組限定でフレンチのフルコース(フルコースは5,000円)が味わえます。同店のオーナーは銀座のマキシム・ド・パリや目黒雅叙園で料理長を務めてきた、仲田一途さんが開いたお店です。

そう、彼もまた”一途”なのです。

RAMEN_with_you_main06_08.jpg

鎌倉野菜を使った前菜から始まり、サツマイモスープ、お魚、肉料理の後はお待ちかねのラーメンです。他にも卵かけごはんやリゾット等もあるようですが、ここはラーメン頼まないとね。もちろんデザートもありますよ。

RAMEN_with_you_main06_09.jpg

さて、この日は4つのラーメン(ミニサイズなのが少し悲しい)をお願いしたので一つずつ紹介していきましょう。フランス料理で使用する「フォン・ド・ボー」を取り入れ、仔牛の骨や丸鶏、昆布をベースに香味野菜を加えたオリジナルスープだそうです。

RAMEN_with_you_main06_10.JPG

「卓」

まずは醤油の卓です。玉ねぎなどの野菜の甘みに加え、醤油とゲランド海塩のうまみと深み。なんだか新しい味というか複雑と言うのか。僕はこれが一番好きでした。スープの飲んだときに鼻腔を突き抜ける野菜と牛のマリアージュ。

RAMEN_with_you_main06_11.JPG

カレーの途は、蕎麦屋のカレーうどん的なマイルドなスープカレーです。

RAMEN_with_you_main06_12.JPG

まぜそばのジュリは、フレンチに日本の海苔の良さが加わって、意味は違えど、これに名付けるならフランス革命。

RAMEN_with_you_main06_13.JPG

一途のイチオシという、白味噌の衣利は、ドロドロスープに白味噌の深み。何故だろう、東北へ旅行に来たかのような気にさせ、瞳を閉じれば雪景色が目に浮かびます。生クリームが入っているかのようなむっちゃマイルド(プリングルスのCMでお馴染み!)です。

遊びを本気でするとそれが仕事になると聞いたことがあります。最初は趣味程度だったものも”一途”な気持ちで全力で追いかけ努力すると、気付けばプロフェッショナルになっているのかもしれません。

今回はラーメン評論家、その道のプロである本谷さんが今一番気になっているお店に行きました。

えっ!?RAMEN With Youは、”自分が誰かと行きたい”お店を紹介するブログなんじゃないかって!?
ノンノン、だって今度は僕が”あなた”とRAMEN With You.
そしてあなたが”誰かと”RAMEN With You.

*おまけ
もちろん、マカオでもラーメン食べましたよ。

RAMEN_with_you_main06_14.JPG

一途
住所:東京都品川区小山2-17-30
TEL:03-6426-8428
営業時間:[平日]11:30~15:00、18:00~22:00(L.O) [土日祝]11:30〜22:00(L.O)
定休日:月曜(祝日の場合は、翌火曜休)
URL:なし
makibatakahiko.jpg
牧羽 貴彦 Takahiko Makiba
1982年8月27日生まれ
ナノ・ユニバースを経て、INFASパブリケーションズのWWD beautyへ。
そのユニークなキャラクターに業界内のファンも多い。Instagram上では、連載で紹介していないラーメンやその他のグルメも見ることができる。
Instagramアカウント @makibat

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. torayacafe-17spring トラヤカフェ・あんスタンド新宿店、春限定「いちごとあんのコッペパ…
  2. niwakayachousuke-otemachi 博多発うどん居酒屋「二○加屋長介」が東京・大手町にオープン。ラン…
  3. panfes01 横浜赤レンガ倉庫で「パンのフェス2017」開催。全国から人気のパ…
  4. picard-nakameguro フランス冷凍食品専門店「ピカール」中目黒にオープン。国内初となる…
  5. customburger01 LA発ハンバーガーレストラン「ザ・カウンター」六本木に初上陸。“…
  6. soholm-gibiercan アジアで唯一のパッケージデザイン賞を受賞。アクタスのレストラン「…
  7. greenbrewing-tokyosaryo お茶もハンドドリップする時代へ。ハンドドリップで淹れる日本茶専門…
  8. ippudostand 立ち呑みできる“一風堂”が福岡・天神にオープン。浜松町、五反田に…

新着記事

  1. reebokclassic-doraemon
  2. linari-amarenag
  3. adidasoriginalsbyalexanderwang2-1
  4. qplaza-futakotamagawa
  5. narcisorodriguez-fleurmusc

COLUMN – コラムニスト連載

  1. thejick-01
  2. vintagemeet011-1
  3. cementisfashion004
  4. lifestylerenovation11
  5. kofukuron17
PAGE TOP