FASHION

西日本最大級の大型複合施設「エキスポシティ」今秋開業、大阪・万博記念公園に一大レジャー空間誕生



三井不動産は、大阪府吹田市の万博記念公園に西日本最大級の複合施設「エキスポシティ(EXPOCITY)」を2015年秋開業。

延床面積約223,000平方メートルの敷地に約300の事業者を集め、7つの大型エンターテインメント施設と「ららぽーとEXPOCITY」が一堂に会した、エンターテインメントとショッピングを融合した大型複合施設としてオープンします。

1970年に開催されたアジア初の万国博覧会「EXPO’70」の精神確”人類の進歩と調和”を継承し、「『遊ぶ、学ぶ、見つける』 楽しさをひとつに!」が開発テーマとなっている「エキスポシティ」では、8つの新施設が誕生します。

「ららぽーとEXPOCITY」では、テーマパーク型の家電専門店「エディオン」、スターバックスコーヒーとカメラのキタムラが大型書店と融合した「TSUTAYA BOOK STORE」をはじめ、日本初・関西初のファッションブランドや生活雑貨、スポーツ関連グッズやレストランなどが多数出店予定となっています。

expocity03.jpg

また、ポケモンが国内で初めてプロデュースし、独自に開発された強化プログラムで子どもたちのコミュニケーションスキルを育む体験型エデュテイメント施設「ポケモンEXPOジム」(仮称)や、海遊館が初プロデュースした、生きているミュージアム「ニフレル(NIFREL)」をはじめ、最新鋭シネマコンプレックス「109シネマズ大阪エキスポシティ」、日本初の体験型英語教育施設「オオサカ イングリッシュ ビレッジ(OSAKA ENGLISH VILLAGE)」(仮称)、セガがプロデュースする自然体感型エンターテインメント施設「オービィ大阪(Orbi Osaka)」、日本初の体験型アミューズメントパーク「ひつじのショーン ファミリーファーム」(仮称)がオープン。さらに2016年春には、日本一の大観覧車「オオサカ ホイール(Osaka Wheel)」(仮称)も営業開始され、日本を代表する一大レジャー空間が完成します。

同じく2015年秋には、約40,000人収容可能な大規模スタジアム「吹田市立スタジアム」(仮称)も隣接して竣工予定。国内だけでなく、世界各国からの観光客が急増している関西エリアの新たなランドマークの誕生となっています。2015年に入り、日本全国各地で新旧さまざまな商業施設のオープンとリニューアルのリリースが、メディアを賑わせています。

エキスポシティ(EXPOCITY)
オープン:2015年秋予定
住所:大阪府吹田市千里万博公園地内23-17 一部他
アクセス:大阪モノレール「万博記念公園駅」徒歩2分
延床面積;約223,000平方メートル (約67,500坪)
施設および店舗数:約300

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

新着記事

  1. kingdomoverride1
  2. biocbonazabujuban
  3. crystalmagic
  4. ninaxmas2016-1
  5. matsuyaginza-jewelry2016

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet6
  2. thisisnewyork05
  3. lifestylerenovation22
  4. cementisfashion002-1
  5. coco06
PAGE TOP