FASHION

“いまファッションが売れるSNS”はインスタグラムという調査結果、有名人に限らず一般人の投稿も購買行動に影響あり!?



アディックスが運営する情報サイト「ブライト(BWRITE)」が、「インスタグラム(Instagram)についての意識調査」の結果レポートを発表。同社の「スケッツ(Skets)」会員、20~30代の女性168名に対してアンケート調査を実施した。

調査結果のサマリーは以下の通り。

|20~30代女性の4割が「インスタ女子」、20代はほぼ半数
今年6月の調査時点で、 調査に回答した20~30代女性のうち4割がインスタグラムを利用していると回答。 これをさらに年代別に見ると、 20代では47.4%、 30代では36.9%となっている。20代では半数近くが「使っている」と回答しており、インスタグラムが若い女性の間で広く使われていることがわかる。
|利用者の60.3%が「有名人をフォローしている」と回答
「有名人」のフォロー状況を聞いたところ、 60.3%が「フォローしている」と回答。 6割の利用者が、有名人の投稿をインスタグラム上で楽しんでいることがわかる。
|フォローしている有名人1位は「ローラ」! 30代では「梨花」がTOPに
インスタグラムでフォローしている有名人は、20代30代の合計では1位が「ローラ」、2位「梨花」、3位は同数で「水原希子」「木下優樹菜」。これを年代別で見ると、 20代では「ローラ」がTOP、30代では「梨花」がTOPに。20代では2位に「水原希子」と「中村アン」、4位に「紗栄子」と「木下優樹菜」が入り、 30代では3位に「長谷川潤」が、4位に海外の人気モデル「オリビア・パレルモ」が入っている。 また、 20代、 30代ともに上位には回答者と同世代の女性が多く入っており、利用者自身の年代に近いオシャレな有名人に憧れと共感を感じて、フォローする傾向。全体的にオシャレなモデル系の女性の人気が高く、 現代の女性たちがあこがれる女性像がうかがえる。
|「有名人がインスタグラムに投稿したアイテムを購入したことがある」19.5%
5人に1人にあたる19.5%が「有名人がインスタグラムに投稿したアイテムを購入したことがある」と回答。「店に行ったことがある」と回答した人の割合はさらに高く、29.3%。 「どちらもしたことはないが、 ほしい/行ってみたいと思ったことがある」と回答した女性は実に43.9%にものぼった。

bwrite-instagram04.jpg

|フォローしている「一般の人」の投稿でも、 22.1%が購入経験あり
インスタグラムでフォローしている「一般の人」が投稿したアイテムを「購入したことがある」と回答したのは22.1%、「実際に店に行ったことがある」のは16.2%、「どちらもたことがないが「ほしい/行ってみたいと思ったことがある」のは50.0%。 有名人の投稿についての質問と比較すると、「購入したことがある」割合は有名人の場合よりも若干高く、「実際に店に行ったことがある」割合は若干低め。「一般の人」だけに購入しやすいアイテムを多く投稿している、 などの理由が考えられるが、影響力として比較すると、「有名人」「一般人」の違いはあまり関係がないようだ。 有名人だからマネしたいワケではなく、利用者自身にとってマネしたいと感じられるような、共感や憧れの対象であるかどうかが重要なのかもしれない。

bwrite-instagram02.jpg

|インスタを見て買ったTOP3は「ファッション」「コスメ」「キッチン」
インスタグラムで見たアイテムを購入したり、 店に行ったことがあると回答した内容を項目ごとに集計してみると、 最も多かったのは「ファッション・ファッショングッズ」関連。 2位が「コスメ」関連、3位が「キッチン」関連となり、オシャレ関連に限らない、女性の生活にとって欠かせない身近なアイテムが上位に並ぶ。インスタ女子にとって、インスタグラムはすでに日常生活と切っても切り離せない存在になっているようだ。

bwrite-instagram03.jpg

|インスタ女子の行動をうながすのは、”共感”する相手のオススメ
インスタグラム上の投稿は、 女性たちの行動に強い影響を与えている。その影響力の強さの理由は、自分自身が選んでフォローしている、”共感”を抱く相手からのオススメだ。 今後インスタグラムで配信される広告が効果を上げられるかどうかは、この”共感”を崩さないことが大前提となる。

bwrite-instagram05.jpg

この他にも、「投稿もするが、閲覧がメイン」39.7%、「閲覧のみ」も14.7%と、投稿を促すキャンペーン展開だけではなく、閲覧させるための仕掛けづくりも軽視できないことがわかる。また、企業などをフォローしている人の30.3%が投稿を見て「購入経験あり」としており、インスタグラマーを活用するだけでなく、企業アカウントの運用も効果的であると読みとれる。

今回の調査結果に限らず、昨今リリースされているさまざまなデータや、10月からの広告展開の強化の動きなど、インスタグラムは業界で大きな話題を集めている。”ファッションが売れるSNS”として、いま最注目のマーケティングツールといえそうだ。

・「BWRITE」  http://bwrite.biz/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. helpdesk_press ファッション業界と異業種間をつなぐ、国内初のビジネスマッチングサ…
  2. Eats_Logo_Clan_Revised_NewFork 日本初上陸したフードデリバリーサービス「UberEATS」が話題…
  3. yamayoko08 【コラム】ファッション通販のトリセツ #08 – 中…
  4. 【コラム】ファッション通販のトリセツ #07 – あ…
  5. 人工知能「SENSY」を活用した”デジタルクローゼッ…
  6. アダストリアのオムニチャネル戦略とは?、WEB営業部長インタビュ…
  7. インスタグラムが動画機能強化を発表、最大60秒の動画投稿に対応&…
  8. 2015年に最も成長したSNSは「インスタグラム」で利用率が1.…

新着記事

  1. soohyang
  2. honto1
  3. vintagemeet6
  4. guerlain-shalimar
  5. beams-xmas2016

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet6
  2. thisisnewyork05
  3. lifestylerenovation22
  4. cementisfashion002-1
  5. coco06
PAGE TOP