original

アシックス史上最も革新的な長距離ランニングシューズ 「MetaRun」誕生、世界6万足・日本700足限定で18日発売



アシックスは、同社史上最も革新的なランニングシューズとして「メタラン(MetaRun)」を、11月18日から自社EC、アシックスストア東京・原宿・大阪で発売。日本国内では700足限定、世界6万足限定で販売される。税別価格は、2万7,000円。

asics-metarun04.JPGアシックス史上最も革新的な長距離ランニングシューズ「メタラン(MetaRun)」は11月18日発売

12日、都内で海外メディアも含めたプレス向け発表会イベントを開催。「メタラン」は、アシックススポーツ工学研究所が2013年から3年をかけて研究開発。オーガニック繊維を使用し、耐久性と高いクッション性を保つ、同社最軽量のミッドソール素材「フライトフォーム(FlyteFoam)」では、従来の約55%の軽量化を実現するなど、4つの特許技術を含む、5つの新テクノロジーを搭載。長距離ランニングシューズに重要となる、軽量性、安定性、フィット性、クッション性という4つの機能をバランスよく共存させ、最大限に発揮することを追求したという。

asics-metarun03.JPGアシックス グローバルブランドマーケティング部のポール・マイルズ統括部長が、ブランドマーケティング戦略を説明
asics-metarun02.JPGアシックス スポーツ工学研究所 フットウェア機能研究部フットウエア機能開発チームの森安健太マネージャーが商品をプレゼン

尾山基代表取締役社長CEOは、「ランニング分野のリーダーとして、アシックスは、常にトップを走り続けなければいけないと考えています。そのため、アシックススポーツ工学研究所の開発チームに、『現状のシューズ開発にかかる制約を取り払い、将来につながる今までにない最高のランニングシューズをつくる』というミッションを課しました。今回誕生した『MetaRun』は、 アシックス史上最も技術的に優れたランニングシューズとなりました。『MetaRun』の開発により、当社におけるランニングシューズのレベルをいまだかつてない水準にまで 高めることができ、かつ新たなスタンダードを打ち立てたことを大変うれしく思っています。」とコメントしている。

asics-metarun05.JPG
asics-metarun06.jpg

今回発表された「メタラン」は、アシックスにとって新たなベンチマークとなるシューズという位置づけ。顧客ターゲットは全ての長距離ランナーとしており、今後もこの「メタラン」に搭載されたテクノロジーを軸に、新たな商品展開を拡充していく計画だという。2020年東京五輪のオフィシャルスポンサーを務める同社による、新たな商品展開に注目が集まる。

・アシックス「メタラン(MetaRun)」 asics.com/metarun

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. newbalance-harajuku ニューバランスが原宿に世界最大級の旗艦店オープン。2020年東京…
  2. gyakusou16ho ナイキとアンダーカバー高橋盾による「NikeLab Gyakus…
  3. newbalance-harajuku 「ニューバランス」世界最大級の旗艦店が原宿に11月オープン。スポ…
  4. roxyrunshoes ロキシーから、初のランニングシューズが登場。 アトモスと直営店限…
  5. nikeLab_gyakusou16fa ナイキ、アンダーカバー高橋盾とのコラボランニングウェア「Nike…
  6. reebokannetalk_03 中村アンが語る”フィットネスのある生活”、リーボック「Be Mo…
  7. adidaslayeredwear01 アディダスの “動けるレイヤードウェア”スタイル、衣服内環境をよ…
  8. 【体験レポ】ゴールドウインが提案する”新発想R…

新着記事

  1. soohyang
  2. honto1
  3. vintagemeet6
  4. guerlain-shalimar
  5. beams-xmas2016

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet6
  2. thisisnewyork05
  3. lifestylerenovation22
  4. cementisfashion002-1
  5. coco06
PAGE TOP