FASHION

ルイ・ヴィトンのルーツに迫る展覧会「旅するルイ・ヴィトン」が話題。東京・紀尾井町の特設会場で6月19日まで開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の展覧会「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ ── 旅するルイ・ヴィトン)」が、4月23日いよいよ日本で開幕する。パリのグラン・パレで開催されたエキシビションの巡回展となり、1854年の創業から今日に至るまでの壮大なメゾンの歴史を旅をテーマに辿る。

1978年に、ルイ・ヴィトンが日本初となる店舗をオープンしたのが東京・紀尾井町。その地に突如姿を現した、ブルーとイエローのコントラストが映える本展特設会場。足を踏み入れると、エネルギッシュに描かれた若きルイ・ヴィトンの肖像画が我々を出迎える。旅のストーリーは、歴史が色濃く刻み込まれたモノグラム・キャンバスのトランク『マル』から始まる。

168104.jpg旅のストーリーは、歴史が色濃く刻み込まれたモノグラム・キャンバスのトランク『マル』から始まる

ルイ・ヴィトンの原点とも呼べる、”木材”によって開かれる旅の扉。自らの名声を高めることとなったトランクには、家業である木工製造の知識を活かしパリでレイティエ・アンバルール(荷造り用木箱製造兼荷造り職人)としてキャリアをスタートさせた、彼のプライドやこだわりが垣間見える。創業以来、いつの時代も最先端を歩んできたルイ・ヴィトンは、創造や革新を重ねながら、タイムレスなシェイプや模様を生み出していく。会場に並べられた数々のトランクが、それらを物語っている。

168113.jpgシンディ・シャーマンがサインした特製リネン用デスク・トランク

次のセクションでは、遥か異国の地への冒険へと誘う。ここではティーセットや洗面道具といった探検隊の必需品に加え、砂漠地帯の過酷な天候や地理に適したトランクまでを網羅。当時の探検プロジェクトに参加したルイ・ヴィトンは、スペシャルオーダーの技術を存分に活かし、ベッド・トランクなどの画期的なアイテムを作り出す。そしてヨットによる旅の増加やクルーズの流行に深く関わってくるのが、20世紀初頭に制作した『スティーマー・バッグ』だ。着用後の衣服を旅が終わるまで入れておくことができ、そのモダンなサイズや軽さ、利便性は、業界に衝撃を与えることとなる。

168115.jpg「探検旅行」と「航海の発展」の部屋

ルイ・ヴィトンの歴史を紐解いてゆくと、当時の旅の様子がありありと脳裏に浮かぶ。本展は、ガリエラ宮パリ市立モード美術館館長のオリヴィエ・サイヤールがキュレーターを、世界的に活躍する舞台演出家のロバート・カーセンがアーティスティック・ディレクター&セット・デザイナーを務めた。灼熱の砂漠、そして清々しい船尾の光景が、アーカイヴ作品とともにダイナミックに演出される。自動車の旅では木々生い茂るアスファルトの一本道を、空の旅では青空に飛び立つプロペラ機をモチーフに、壮大な仕掛けで見る者を”ルイ・ヴィトン”の旅へと引き込んでゆく。列車の旅でもその世界観は見事に表現され、窓の外を眺めれば、思わず展覧会へ訪れていることを忘れるはずだ。足を踏み入れた者は、誰もが旅に出たくなる衝動に駆られるに違いない。

そしていきいきと描かれる旅の1頁には、いつの時代もルイ・ヴィトンが存在する。驚かされるのは、その卓越した創造性だ。常に革新的でありながら、その足跡に無駄なものは一切ない。一歩先をゆくものづくりの姿勢には、ビッグメゾンとなりえる所以が読み取れる。流行に敏感な人々が旅に出るときに必要とするものは何なのか。この問いかけに、”荷造りの技”を編み出すことで、ルイ・ヴィトンはその存在を確固たるものにしてゆく。

--後編「人類を旅へと誘うルイ・ヴィトンのルーツに迫る展覧会が開幕–アート、そしてファッションへ連なるエモーショナルな旅路」へ続く。

【イベント情報】
「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」
会場:紀尾井町・特設会場
住所:東京都千代田区麹町5-1-3
会期:4月23日~6月19日
時間:10:00~20:00
入場料:無料
休館日:月曜日(ただし4月25日、5月2日、6月13日は13:00~開館)
[元記事:人類を旅へと誘うルイ・ヴィトンのルーツに迫る展覧会が開幕–空へ、海へ、彼方への旅路【Report–1/2】]

 

fashion_headline_2.png

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. louisvittontennis01 ルイ・ヴィトンがテニス全仏オープンのためのトロフィーケースをデザ…
  2. ebisu-gardenpicnic 恵比寿ガーデンプレイスで野外映画鑑賞。「アイリス・アプフェル!9…
  3. minions-run 「ミニオンズラン」がUSJで開催。ミニオンに仮装して参加する謎解…
  4. louisvuitton-2018cruise ルイ・ヴィトン、2018 クルーズ・コレクションショーを滋賀「ミ…
  5. louisvuittonxfragment-popup ルイ・ヴィトン×藤原ヒロシコラボ。”メトロ車両が出現”ポップアッ…
  6. airmaxday_2017_001 【レポート】ナイキ「AIR MAX REVOLUTION TOK…
  7. sharepark-storytailor オンワード樫山、シェアパーク3周年でファッションの価値を見つめ直…
  8. tokyocoffeefes17s 日本最大級コーヒーの祭典 「TOKYO COFFEE FESTI…

新着記事

  1. chet-17ss
  2. t4-tokyo
  3. ciretrudon-matieres
  4. thisisnewyork06-top
  5. cement06top

COLUMN – コラムニスト連載

  1. thisisnewyork06-top
  2. cement06top
  3. vintage-meet-014
  4. jick04
  5. vintagemeet013
PAGE TOP