CULTURE

名和晃平・蜷川実花らによる“365日アートフェア”がコンセプトの新空間、「ホテル アンテルーム 京都」が増床リニューアル



anteroomkyoto01

京都でアートとカルチャーを発信する「ホテル アンテルーム 京都」をご存知だろうか。

ホテル アンテルーム 京都は、京都駅の南側に位置する築23年の学生寮をリノベートして生まれたホテル&アパートメント、ギャラリーを併設する複合施設。彫刻家・名和晃平率いるクリエイター集団「SANDWICH」と、国内外のホテルや複合施設、店舗のプロデュースを行うUDSがトータルディレクションを手掛ける。そのホテルが67室増床し、先月22日にリニューアルオープンした。

anteroomkyoto12

今回の増床リニューアルでは、これまで学生寮として使用していた棟を客室へと一新。ホテルコンセプトの「常に変化する京都のアート&カルチャーの今」に「和」の要素を加えることと、アートをさらに強化することを目指した。1階の客室には、日本の庭をモダンに表現した庭付き客室が新たに誕生。その他の客室も清水焼の照明や小上がりのベッドステージなど、全室にモダンな和の表現を組み入れた空間になっている。

“365日アートフェア”をコンセプトに、約70組のアーティストによる200点以上のアート作品が館内のいたる所に展示されるのも特徴。どれも購入可能なのも嬉しい。

また、名和晃平をはじめ、蜷川実花、ヤノベケンジ、金氏徹平、宮永愛子ら8組のアーティストが客室を手掛ける「コンセプトルーム」も誕生。客室全体がギャラリーのように独自の世界観で表現された、新たなホテルの体験を提供する。

anteroomkyoto02

anteroomkyoto03

anteroomkyoto04

anteroomkyoto05

anteroomkyoto06

anteroomkyoto07

1階には、アトリエとショップを新設。アトリエは、ホテルに併設する長期滞在ホテル(アパートメント)と連動し、アーティストが滞在制作をする拠点となる。ここで創造される作品は客室に飾られるほか、ギャラリーと連動したアーティストとのコラボレーション商品も販売予定だ。

anteroomkyoto10

anteroomkyoto11

anteroomkyoto08

anteroomkyoto09

泊まれる・買える“アートフェア”という新提案。今は、ローカルホテルがとにかく面白そうだ。

公式サイト

関連記事

  1. kawasakistation-west-2021 川崎駅西口に大規模複合施設が2021年春に開業予定。商業・保育施…
  2. peanutshotel-02 神戸にスヌーピーをテーマにしたデザインホテル「ピーナッツ ホテル…
  3. omo5-tokyootsuka-top 旭川に続き、東京・大塚に開業。星野リゾートの都市観光ホテル新ブラ…
  4. bvlgarihoteltokyo_ 「ブルガリ ホテル 東京」が2022年開業。待望の初上陸は、東京…
  5. supposedesignoffice-hotel 谷尻誠・吉田愛率いるサポーズデザインオフィス初のホテルが2019…
  6. earthmanshotel_2 フリークス ストアによるホテル「アースマンズ ホテル&コーヒー」…
  7. acehotelkyoto-outline 京都・新風館跡地に「エースホテル」が日本初上陸。隈研吾が施設の建…
  8. hoshinoya-taketomijima-datsudigital_1 沖縄・竹富島で脱デジタル滞在。「星のや竹富島」の八重山ブルーの海…

新着記事

  1. trunkkitchen-beerterrasse_1
  2. JWandersonphotocontest-top
  3. warpmagazinejapan
  4. gqjapan-ebizo_1
  5. kawasakistation-west-2021

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet022_1
  2. vintagemeet021_top
  3. vintagemeet020_1
  4. vintagemeet019_top
  5. kofukuron-21top
PAGE TOP