FASHION

ビームス、神戸市との協業プロジェクト「BEAMS EYE on KOBE」始動。地場産業とのコラボ商品やガイドブック発売



beamseye-kobe

ビームスが、2017年に開港150年を迎える神戸市との協業プロジェクト「BEAMS EYE on KOBE」を9月30日からスタート。神戸市の地場産業とのコラボ商品、ビームスならではの視点による神戸のガイドブックを製作し、販売する。

これは、“日本”を切り口に、ファッション、プロダクツ、カルチャー、飲食までを紹介するプロジェクト、BEAMS “TEAM JAPAN”の一環。ビームスを構築するディレクター陣が、その“目利き力”によって日本をブランディングする、いわばカルチャーショップとしての新しいビームスの姿だ。

本プロジェクトでは、神戸市の「衣・食・住・遊」をビームスが編集。神戸の地場産業とコラボレーションした商品企画では、真珠のジュエリー、「神戸ザック」のバックパック、「神戸風月堂」のゴーフルバッグをはじめ、お菓子やお酒、調味料などをピックアップ。そのものの良さを重んじながら、ビームスのアイデアを加えた限定商品が生まれた。

beamseye-kobe01

また、ガイドブックでは、関西エリアのビームススタッフや地元クリエイターの情報をもとに、日本を代表する港町・神戸を徹底取材。ファッション、食、文化、暮らしまで、幅広いカテゴリーから厳選した情報を一冊に収録している。9月30日から東京・新宿の「ビームス ジャパン」、神戸・三宮の「ビームス 神戸」にて先行発売後、10月7日から全国の書店で順次発売される。

beamseye-kobe02

「BEAMS EYE on KOBE」1,500円(税別) 発行元:ビームス / 発売元:スペースシャワーネットワーク

 

なお、9月30日から10月31日までビームス ジャパン1階に、今回の神戸地場産品コーナーが登場するほか、同・地下1階のレストラン「日光金谷ホテル クラフトグリル」では、神戸の日本酒を期間限定で展開。また、ビームス 神戸では同日より、一部をのぞく限定商品とガイドブックを10月10日までコーナー展開する。

ビームスだったら、日本をおしゃれに発信してくれる。ビームスだったら、日本人でさえも知らない、日本の魅力を教えてくれる。そんな期待感と安心感があるファッションのショップは、他に思い浮かばない。今回のそれは、今年で創業40周年を迎えたビームスだからこそ、なし得たプロジェクトであるに違いない。

公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. beams-xmas2016 サンタクロースに手紙を書いたらビームスからプレゼントが届く!? …
  2. isetanxbeams 三越伊勢丹HDとビームスが協業プロジェクト発表。第1弾は、201…
  3. Airbnb、旅行者とローカルの人との“体験”をシェアするサービ…
  4. kobebal01 商業施設「神戸 BAL」が来春、全館リニューアル。11月19日に…
  5. ビームス40周年MV「今夜はブギ―・バック」公開1週間で250万…
  6. beamsbeppu 源泉100%掛け流し「ビームスの足湯」が新宿に出現!? 次は、…
  7. ビームス40周年で東京カルチャーを振り返るプロジェクト始動。森高…
  8. beams-shibuyacity ビームスが渋谷の街づくりを支援。渋谷区と「シブヤ・ソーシャル・ア…

新着記事

  1. ninaxmas2016-1
  2. matsuyaginza-jewelry2016
  3. クリスマスバナー
  4. chet-robinsimon
  5. gregory-urbanattack

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet6
  2. thisisnewyork05
  3. lifestylerenovation22
  4. cementisfashion002-1
  5. coco06
PAGE TOP