LIFESTYLE

博多で大ブーム!“うどん居酒屋”の先駆け店「二◯加屋長介」が東京初上陸。中目黒に今秋オープン



niwakaya01

うまいものが多い“博多”で今、大ブームだという「うどん居酒屋」。その先駆けである「二◯加屋長介(にわかやちょうすけ)」がトランジットジェネラルオフィスとのパートナーシップ契約によって今秋、東京・中目黒にオープンする。

「二◯加屋長介」で人気の手打ちうどんは、地元、糸島市産の小麦にこだわった讃岐のしなやかなコシと、博多の優しい口当たりを併せもつ。代表メニューは博多名物でもある極上の水炊きをベースにした「鶏スープあつかけうどん」。また、うどん以外にも「牛すじ煮込み」や厚切りの「雲仙ハムカツ」をはじめ、お刺身から肉料理、揚げ物まで、質にこだわったという80種の酒に合うおつまみが豊富に揃う。

niwakaya02

niwakaya03

niwakaya07

「鶏スープあつかけうどん」

「すだちうどん」

「雲仙ハムカツ」

というのも、店主の玉置康雄氏は高級居酒屋「田中田」で料理を学んだ後、うどんの名店で1年半修行した人物。2010年9月に「二◯加屋長介」をオーナーシェフ店が立ち並ぶ薬院エリアにオープンして以来、”シメにラーメン”から”シメにうどん”へと、外食習慣を変えつつある勢いだという。2013年には、姉妹店「釜喜利うどん」も大名にオープンしている。

niwakaya06

「二◯加屋長介」を手掛ける店主・玉置康雄氏

なお、出店場所など詳細はまだ情報解禁前だ。グルメ通から”今一番行くべきお店”との呼び声高い「二◯加屋長介」のうどんが東京で味わえるとなれば、行かないわけにはいかないだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. picard-nakameguro フランス冷凍食品専門店「ピカール」中目黒にオープン。国内初となる…
  2. customburger01 LA発ハンバーガーレストラン「ザ・カウンター」六本木に初上陸。“…
  3. soholm-gibiercan アジアで唯一のパッケージデザイン賞を受賞。アクタスのレストラン「…
  4. greenbrewing-tokyosaryo お茶もハンドドリップする時代へ。ハンドドリップで淹れる日本茶専門…
  5. ippudostand 立ち呑みできる“一風堂”が福岡・天神にオープン。浜松町、五反田に…
  6. corona-winterescape-open 白馬のゲレンデに出現した「コロナビール」の絶景テラス&バー。宿泊…
  7. mujinihonshu 無印良品、千葉・鴨川産「長狭米コシヒカリ」で醸造した日本酒を発売…
  8. fratelliparadiso シドニー発イタリアンダイニング「フラテリ パラディソ」表参道…

新着記事

  1. hmshibuya-kids
  2. roadart01
  3. ciretrudon‎
  4. picard-nakameguro
  5. kofukuron16

COLUMN – コラムニスト連載

  1. kofukuron16
  2. vintagemeet009
  3. vintagemeet008_1
  4. cement-is-fashion-003
  5. vintagemeet007
PAGE TOP