FASHION

スマートフォンならぬ、スマートバックパック「BACKPAIX」が初上陸。普通じゃもの足りない人に向けた超・機能性搭載



backpaix

ストリートからメゾンまで空前のバックパックブームは、気分としていまも続くが、スマートフォンならぬ、スマートバックパック「バックパックス(BACKPAIX)」がアメリカ・サンフランシスコから初上陸する。

バックパックスは、超・機能性を搭載した、次世代のバックパック。マートバッジシステムと称する、スマートフォンを利用して操作するスマートデバイスに対応したバックパック。オプションで、オリジナル設計のLEDスマートバッジを搭載しており、専用アプリを利用することで、自転車運転時のウインカーとして動作させたり、紛失防止用のアラームとして活用できる。

backpaix03

backpaix04

また、USBケーブルが内蔵されており、モバイル充電器と接続することで、充電器を外に出さずにスマートフォンなどが充電できたり、その時の気持ちを微笑みや涙といった絵文字で表示できる、ユニークな仕掛けもある。

さらには、ウェアラブルカメラ「Go-Pro」用マウントも用意。将来的には、「スピーカー」「カメラ」「ストレージ」「センサー」「ライト」といった拡張機能が追加される予定だ。

backpaix02

このほか、コンパートメントには、シューズバッグを内蔵できるほか、サイドポケットが直接メインポケットに通じており、ダイレクトにノートPCや書類の取り出しに対応。また、付属のフックにより、ヨガマット、スケートボード、撮影用三脚、自転車用U型ロックを携帯できたりと、至れり尽くせり。

backpaix05

スマートというからには、地球にやさしいのが時代の常識。このバックパックは40個の回収ペットボトルを再利用して作られている。

バックパックスは、2016年7月に、アメリカクラウドファンディングサイト Kickstarterで約2,500万円を集めたスタートアップ企業が開発したもの。日本では、クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」での販売となる、テストマーケティング中ではあるが、オトコ心をくすぐるなんとも魅力的なバックパックだ。

既に、たった1日で目標金額達成!3週間で680万円以上を集めているというこのアイテム。価格は、税込28,500円。デリバリーは2017年1月。まだ購入可能なので、詳細をサイトでチェックしてほしい。

「BACKPAIX」販売サイト

関連記事

  1. yamahaginza-breezin_top2 ヤマハ発動機とヤマハ合同展示イベント「Breezin’」開催。楽…
  2. merchari_1 メルカリがシェアサイクル「メルチャリ」提供。個人宅も駐輪場に、ま…
  3. dior-bmx ディオールの自転車!? 仏メーカーBOGARDEとのコラボでBM…
  4. vanmoof オランダ生まれの自転車ブランド「バンムーフ」日本初上陸、電動自転…
  5. gregory-urbanattack グレゴリー、三越伊勢丹限定ライン「アーバンアタック」から“オール…
  6. burley 【FEEL-GOOD GOODS!】「バーレー」のチャイルドトレ…
  7. velotokyo2016 最新自転車50台が一挙に集結するイベント「ヴェロ東京」、東京・二…

新着記事

  1. oscar-de-la-renta_19resort
  2. escriba-9
  3. trunkkitchen-beerterrasse_1
  4. JWandersonphotocontest-top
  5. warpmagazinejapan

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet022_1
  2. vintagemeet021_top
  3. vintagemeet020_1
  4. vintagemeet019_top
  5. kofukuron-21top
PAGE TOP