LIFESTYLE

【Scentpedia】プラダフレグランスの真髄ともいえる新作「プラダ フェム」と「プラダ オム」が発売。



pradafemmehomme

【Scentpedia】
人間が持つ五感のなかでも一瞬でFEEL-GOODにしてくれる大事な要素、“香り”
このコーナーではそんな香りにまつわる、モノ・コト・ヒトをご紹介していきます。

「プラダ(Prada)」から最新フレグランス「プラダ フェム(La Femme Prada)」と「プラダ オム(L’Homme Prada)」が10月1日より発売された。

“プラダフレグランスの真髄”とされる同アイテムは、官能的な対話を強調することでそれぞれの香水がエレガントなフェミニンさとシックなマスキュリンさを表している。

プラダデザイナーのミウッチャ・プラダは「私はこれらのフレグランスを同じコンセプト、同じフォトグラファーで同時に発表し、互換可能にしたいと考えました。それぞれの香水に女優と俳優を2人ずつ起用し、各々にいくつかの役割を演じてもらいました。一人のモデルのイメージがアイコンとして女性や男性の夢を象徴するような形にはしたくなかった。むしろその逆で、今回は彼らが現実世界やそれぞれの違いを表情豊かに魅せてくれました」と述べている。

pradafemmehomme2

プラダ フェムはトップのプルメリアによって、場所、記憶、時間を通して人々を感覚の旅へと誘い、プルメリアとイランイランのフローラルノートに、ベースのビーワックス、バニラ、チュベローズが溶け合い、ベチバーが全体を包み込む。伝統と異国情緒が交わるセンシュアルなフローラルノート。

プラダ オムはアイデンティティの中に存在する二重性を表現。その二重性の間に存在する冷淡なネロリ、ゼラニウム、パチュリを、芳醇で官能的なイリス、アンバーフレグランスが包み込み、伝統的な男性らしい香りと対極のフェミニンな香りを重ね合わせ、幅広い層に響く香りメンズのクラッシックなフゼアノート。フレッシュでありながら、セクシーさを兼ねそなえたフレグランスだ。

価格はフェム オーデパルファム 35mL/8,200円、50mL/12,000円、100mL/17,000円、オム オーデトワレ 50mL/8,200円、100mL/12,000円、 150mL/15,500円(全て税別)。フレグランスのほか、シャワークリーム、ボディローション、ボディソープもラインアップする。

問い合わせ先/インターモード川辺 フレグランス本部 tel:0120-000-599

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ninaxmas2016-1 ニナ リッチ「ニナ オーデトワレ」誕生10周年。お台場に3Dホロ…
  2. chet-robinsimon 大人のオトコのためのヘアケアブランド「CHET」から新作。トゥー…
  3. soohyang 【Scentpedia】韓国発の香り専門ブランド「スヒャン」から…
  4. guerlain-shalimar 【Scentpedia】ゲランの名香「シャリマー」から、モダン…
  5. omorovicza ハンガリー発ミネラルスキンケアブランド「オモロヴィッツァ」初のフ…
  6. penhaligons-portraits 英国フレグランス「ペリハンガン」から、イギリスの上流階級の秘密を…
  7. ninaricci-holiday2016-1 ニナ リッチの名香「レールデュタン」から2016年エディション、…
  8. xmas16-chloe1 クリスマスプレゼントにおすすめの香水は? 人気ブランドの「201…

新着記事

  1. ninaxmas2016-1
  2. matsuyaginza-jewelry2016
  3. クリスマスバナー
  4. chet-robinsimon
  5. gregory-urbanattack

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet6
  2. thisisnewyork05
  3. lifestylerenovation22
  4. cementisfashion002-1
  5. coco06
PAGE TOP