FASHION

アメリカンアパレルが日本撤退へ。アメリカも全事業終了か、業界に激震



americanapparel

「アメリカンアパレル(American Apparel)」が、日本の全店舗を順次閉鎖することがわかった。公式サイトは既に閉鎖している。

公式サイトには、「東京地方裁判所は、アメリカンアパレルの日本法人への管理者を任命しました。 管理者は、この子会社の継続事業に関する決定を行います。管理者は、 福岡シンノスケです。詳細につきましては、日本カスタマーサービスセンター (03)6418-5403 までお問い合わせください。」となっており、日本国内でのECサイトの購入は終了している。

2005年9月に日本進出。通称“アメアパ”として、人気を博したが、2015年8月には渋谷メンズ館が閉店。経営悪化が報道されていた。一部海外サイトの報道によると、アメリカ本国も全事業修了の可能性があるという。2015年10月には、米国連邦破産法第11章を申請しており、事業の継続が難しいのでは、といわれていた。

SNS上では、「アメリカンアパレルなくなるのびっくり」「みんな大好きアメリカンアパレルじゃなかったのか」と大きな反響をよんでいる。速報系のニュースメディアも既に取り上げており、業界に激震がはしっている。

公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. GAP「オールドネイビー」が日本市場撤退へ、2017年1月までに…
  2. ワールドが独占輸入販売していた米「フリーピープル」が国内全店舗営…

新着記事

  1. millerharris-bathbody
  2. matsuyaginza-osechi2017
  3. kingdomoverride1
  4. biocbonazabujuban
  5. crystalmagic

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet6
  2. thisisnewyork05
  3. lifestylerenovation22
  4. cementisfashion002-1
  5. coco06
PAGE TOP