FASHION

スリーミニッツから新ブランド「ETRÉ TOKYO」が来春デビュー。クリエイティブディレクターJUNNAが等身大のライフスタイル提案



etretokyo

新ブランド「エトレ トーキョー(ETRÉ TOKYO)」が、2017年3月にデビューする。

これは動画メディア「マイン(MINE)」を運営するスリーミニッツによるプライベートブランドで、今年7月にデビューした「エイミー・イストアール(EIMY ISTOIRE)」に続く第2弾となる。

エトレ トーキョーを手掛けるのは、今年9月にクリエイティブディレクターに就任した、JUNNA。学生時代にニューヨークとロサンゼルスへダンス留学後、2002年からダンサー・タレント・DJ・MCとして、テレビドラマ出演や有名音楽番組のバックダンサーなどで活躍。その後、代官山の人気ライフスタイルブランドのプレスを経て、同社が主催する次世代インフルエンサーオーディションでグランプリを受賞し、今回のブランドデビューに至った。

etretokyo2

ブランドコンセプトは、MY DAYS, MY ETRÉ。25歳から30代の女性に向けて、“物質的な豊かさではなく、ココロが豊かになるようなきっかけづくりを提案したい”という思いが込められている。

展開されるのは、JUNNAクリエイティブディレクターの審美眼のもと、ファッションを中心に、ライフスタイル、トラベル、ビューティーと幅広いラインアップ。2017年春夏シーズンのコンセプトは、MY HEART BOUNCE。トキメキやワクワクを感じ、日々の生活に寄り添った長く愛されるアイテムを提案する。まずは、オンラインショップから販売をスタート予定だ。

デビューにあたってJUNNAは、「私がつくり出すものには、特別なものは何ひとつないけれど、ETRÉ TOKYOを手にしていただいた方の日々の中で、心が豊かになるような“きっかけ”になることができたらいいな…と思っています。笑ったり、泣いたり、恋をしたり、傷ついたり…そんな日々を愛して生きていくきっかけになれたら嬉しいです。」とコメントしている。

「激動の10代、20代を経て、30代へと年齢を重ねていくなかで、物質的な豊かさではなく、心の豊かさを求めるようになりました。」と彼女自身もいうように、モノが溢れるこの時代に求められるのは、私たちの生活をFEEL-GOODにしてくれるブランドだ。エトレ トーキョーは、そんな次世代による次世代のためのブランドとなりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. customburger01 LA発ハンバーガーレストラン「ザ・カウンター」六本木に初上陸。“…
  2. worldneighbors-kiyosumishirakawa 清澄白河に“ソーシャルランドリー”併設の大型ソーシャルアパートメ…
  3. estnationginza ニコライ・バーグマンのフラワーショップ併設。エストネーション…
  4. greenbrewing-tokyosaryo お茶もハンドドリップする時代へ。ハンドドリップで淹れる日本茶専門…
  5. koelogo ストライプ初のホテルが渋谷パルコ・パート2跡地に開業。「コエ」ク…
  6. yearin2016 2016年のファッション業界を振り返る、5つのキーワード【ファッ…
  7. ippudostand 立ち呑みできる“一風堂”が福岡・天神にオープン。浜松町、五反田に…
  8. fratelliparadiso シドニー発イタリアンダイニング「フラテリ パラディソ」表参道…

新着記事

  1. ideal-jonone17
  2. sacaibag01
  3. isetan-tomoe17
  4. bvlgari-aquaatlantiqve

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet009
  2. vintagemeet008_1
  3. cement-is-fashion-003
  4. vintagemeet007
  5. kofukuron15
PAGE TOP