LIFESTYLE

アジアで唯一のパッケージデザイン賞を受賞。アクタスのレストラン「スーホルム」のジビエ缶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


soholm-gibiercan

アクタスが品川・天王洲で展開するレストラン「スーホルム(SOHOLM)」による缶詰「スーホルムジビエ缶(SOHOLM GIBIER CAN)」が、アジアで唯一のパッケージデザイン賞「トップアワーズアジア(TOPAWARDS ASIA)」を受賞した。

スーホルムジビエ缶は、スーホルム総料理長の監修のもと、本格ジビエ(猪・鹿などの狩猟肉)料理を家庭でも気軽に楽しめるよう製品化されたもの。デンマーク料理の“フリカデラ”、ベルギー料理の“カルボナート”など、ヨーロッパの伝統的な家庭料理など本格レストランメニュー6種類の煮込み料理を缶詰に。パスタやライスなどを添えれば、食卓のメイン食材となることはもちろん、缶から出して温めるだけという手軽さから、キャンプなどのアウトドアシーンでも活躍する。

soholm-gibiercan2

これは、スーホルムと、生産地である北海道・新得町、島根県・美郷町との共同ビジネス。野生の鹿や猪などが農作物に与える被害は、申告額だけでも年間200億円を超えるなど、社会問題となっている一方で、鹿肉や猪肉は、高たんぱく低カロリー、鉄分や肉類には珍しくDHAなども含まれる健康食材として注目されている。また、狩猟肉の加工から調理・出荷までを地元で一貫して行うことで、現地での雇用を生み出すという狙いもある。

今回受賞した、トップアワーズアジアは、アジアの製品を対象に優れたパッケージデザインを表彰する、アジア限定のパッケージデザイン賞。毎月テーマに沿ったパッケージデザインが選出され、今回のジビエ缶は、2016年12月期のフード部門「Outstanding in Creativity」賞作品としての受賞となる。

soholm-gibiercan3

soholm-gibiercan4

全国のスローハウス(SLOW HOUSE)とオンラインショップで販売中。インテリアとしてキッチンやダイニングに置いても違和感がなく、気の利いた手土産としても喜ばれそうなソーシャルデザインフードだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. balmuda-curry バルミューダ、上野の名店デリーとのコラボでとびきりの“家カレー”…
  2. t4tokyoopen 渋谷に複合型卓球スペース「T4 TOKYO」オープン。トランジッ…
  3. t4-tokyo 渋谷に複合型卓球スペース「T4 TOKYO」誕生。トランジットプ…
  4. longrainoutline オーストラリア発タイレストラン「ロングレイン」日本初上陸。恵比寿…
  5. smokehouse-jenggaburger 原宿スモークハウスに高さ約40cm・総重量約1.5キロのメガ盛…
  6. shakeshack17summer_1 シェイク シャックの夏季限定メニュー、ピリ辛バーガーと爽やかなビ…
  7. pen_170515 雑誌Pen最新号は居酒屋特集。東京・京都・大阪・仙台で「迷って横…
  8. actus-123homes アクタスのインテリア実例集「123人の家」続編が発刊。”日本のシ…

新着記事

  1. moltonbrown-marunouchi_1
  2. dsmg-masterdynamic
  3. kyoto2nenzaka-starbucks
  4. stussy-summertripfest
  5. ikea-byredo-bengorham

COLUMN – コラムニスト連載

  1. jick05
  2. kofukuron19top
  3. thisisnewyork06-top
  4. cement06top
  5. vintage-meet-014
PAGE TOP