CULTURE

草間彌生のエネルギーに触れる大回顧展「わが永遠の魂」、国立新美術館で開催中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


kusama2017

前衛芸術家、草間彌生の大回顧展「草間彌生 わが永遠の魂」が2月22日から5月22日まで、東京・六本木の国立新美術館で始まる。一般公開を前に開かれたプレス内覧会では、同展のキュレーターを務める南雄介氏による作品解説と、草間氏とのフォトセッションが執り行われた。大勢の取材陣が詰め掛ける中、草間氏は車いすで登場し、壁一面に展示されている連作「わが永遠の魂」をバックに両手で手を振りながら笑顔で撮影に応じた。

国立新美術館開館10周年企画として開催される「草間彌生 わが永遠の魂」展は、草間彌生の芸術活動を総括するに相応しい大規模な展覧会で、およそ270点にも及ぶ作品が公開される。直島に展示されているものと同じタイプの、あの黄色い巨大な「南瓜」や、作家蔵の「生命の輝きに満ちて」など、草間彌生のすべてに出会える貴重な機会だ。

本展の見どころについて、キュレーターの南氏は展示室を丸ごと使って展示した「わが永遠の魂」をあげる。2009年の制作開始以来、休むことなく制作に取り組んでいる同作品群は現在520点まで完成しているようだ。1点あたり162×162cmにもなる大作を、87歳の草間氏は2~3日に1点のペースで仕上げるというから驚きだ。水玉や網目、鮮やかな色彩があふれる「わが永遠の魂」に囲まれると、草間彌生が見ている景色を体感できると同時に、彼女が芸術へと注ぐエネルギーの大きさに圧倒されるだろう。

同展は、大作「わが永遠の魂」に始まり、生まれ育った松本で描かれた初期作品から、渡米後にミニマルアートの先駆けとして注目されたネット・ペインティングやソフト・スカルプチュア作品、パフォーマンス映像の他、帰国後に制作されたコラージュ作品群に至るまで、余すところなく“草間ワールド”が体感できる構成となっている。

草間彌生は、幼い頃より重い神経症に悩まされ、恐怖や自殺への衝動を抑えるために絵を描き始めたという。「自分を生み出してくれた宇宙への畏敬の念を絵の中に込めたい」と語る彼女の言葉からは、膨大な水玉のたったひとつの点に込められた“強い意志”が感じられた。

屋外では参加型インスタレーションの「オブリタレーションルーム」が楽しめる他、会場限定のオリジナルグッズも充実しているので、ファミリーで訪れてもいいだろう。

【展覧会情報】
「草間彌生 わが永遠の魂」
場所:国立新美術館 企画展示室 1E
会期:2017年2月22日~5月22日
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1,600円 大学生1,200円 高校生800円
休館日:火曜日(5月2日は開館)


[元記事:芸術と格闘する草間彌生のエネルギーに触れる大回顧展「わが永遠の魂」が国立新美術館でスタート]

fashion_headline_2.png

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ericcarle_2 【フォトレポート】「エリック・カール展」が世田谷美術館で開催。「…
  2. andotadaoten 絶望を超えて“挑戦”し続ける建築家「安藤忠雄展―挑戦―」が国立新…
  3. lifeishard 片山正通の膨大なコレクション「片山正通的百科全書」が東京オペラシ…
  4. sakamoryuichi-async ワタリウム美術館で「坂本龍一 | 設置音楽展」が開催。8年ぶりと…
  5. lecoqsportif-jeanjulien ルコックスポルティフ、135周年で仏イラストレーター“ジャン…
  6. okuyamayoshiyuki 奥山由之写真展「君の住む街」表参道ヒルズで開催。吉岡里帆、小松菜…
  7. nutsartworks-billboard サインペインター界のパイオニア“NUTS ART WORKS” …
  8. fruitparlor 「フルーツ・オブ・ザ・ルーム」初の巡回アート展開催。国内外のアー…

新着記事

  1. bioplegransta_14
  2. sacai-denim
  3. mj_splash_soto_ol_160307
  4. hyke-unifrm
  5. penhaligons-portraits2

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet013
  2. kofukuron18-1
  3. jick3-1
  4. inokuma0401_0928
  5. jick02
PAGE TOP