LIFESTYLE

美とオーガニックのコンビニ「ビープル バイ コスメキッチン」が、JR東京駅改札横「グランスタ丸の内」にオープン



bioplegransta_14

マッシュビューティーラボは4月27日、JR東京駅地下1階・丸の内地下エリアの「グランスタ丸の内」に「ビープル バイ コスメキッチン(Biople by CosmeKitchen)」 をオープン。

「グランスタ丸の内」は、JR東日本グループの鉄道会館が開業を進めている商業空間。2016年7月から2017年8月にかけて、JR東京駅丸の内地下エリアの、改札内は「グランスタ」新エリアとして、改札外は新施設「グランスタ丸の内」として順次開業していく。2016年7月27日の第1期開業では、23ショップが開業。今回はそれに続く第2期エリアの開業で、新たに21ショップがオープンする。

bioplegransta_13

ビープル バイ コスメキッチン グランスタ丸の内店は、「ナチュラル&オーガニック ビューティーコンビニエンスストア」をコンセプトに掲げ、通勤や旅行時に欲しいものが気軽に手に入る”オーガニックな美の駆け込み寺”として利用できる店舗。名古屋のタカシマヤゲートタワーモールに続き、2店舗目の展開となる。

コンビニのように冷蔵ショーケースを広めに設置し、男女共に入りやすい店内となっており、旅行や出張に使いやすいトラベルサイズのアメニティや、無添加のおつまみ、手土産に重宝するビオワインなどを展開する。

また、今回のオープンを記念して東京土産にしたい限定コラボアイテムも発売。イギリス発のオーガニックティー「イングリッシュティーショップ」とのコラボアイテムは、東京駅丸の内駅舎や日本らしさの象徴、桜をデザインしたアソート「オーガニックトーキョーティー」。

1,782円(税込)

キャッチーなイラストで人気の「あわたまオニオンスープ」は、淡路島産玉ねぎを使用した、1食当り1億個以上の乳酸菌が入っている化学調味料無添加のスープ。東京駅限定バージョン「あわたま TOKYO」として登場する。

756 円(税込)

「オーガニックなアイテムを扱うメーカーさんは、利益ばかりを求めずおもしろい取り組みを行っている企業が多いですね。アパレル業界の方からも、協業依頼が増えているので今後更に楽しみです。」と営業担当者はコメントする。

訪日外国人観光客の利用も多いという、新たなコンビニの形を見せてくれる同店。一度訪れてみると、コンセプト通り、オーガニックがより身近に感じられること間違いない。

ビープル バイ コスメキッチン グランスタ丸の内店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1グランスタ丸の内 B1F 改札外
TEL:03-6273-4822
営業時間:8:00~22:00(日・連休最終日〜21:00)

関連記事

  1. kawasakistation-west-2021 川崎駅西口に大規模複合施設が2021年春に開業予定。商業・保育施…
  2. puebco-cpcm 「プエブコ(PUEBCO)」がフルライナップでお目見え。チャオパ…
  3. peanutshotel-02 神戸にスヌーピーをテーマにしたデザインホテル「ピーナッツ ホテル…
  4. omo5-tokyootsuka-top 旭川に続き、東京・大塚に開業。星野リゾートの都市観光ホテル新ブラ…
  5. ellesseheritage_kom_i 「水曜日のカンパネラ」コムアイとコラボ。エレッセ ヘリテージ…
  6. initialkicksdaikanyama ベビースニーカー専門店「イニシャルキックス代官山」オープン。ナイ…
  7. HUNTING WORLD18 「ハンティング・ワールド」がデザイナー相澤陽介を迎えリニューアル…
  8. supposedesignoffice-hotel 谷尻誠・吉田愛率いるサポーズデザインオフィス初のホテルが2019…

新着記事

  1. trunkkitchen-beerterrasse_1
  2. JWandersonphotocontest-top
  3. warpmagazinejapan
  4. gqjapan-ebizo_1
  5. kawasakistation-west-2021

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet022_1
  2. vintagemeet021_top
  3. vintagemeet020_1
  4. vintagemeet019_top
  5. kofukuron-21top
PAGE TOP