CULTURE

映画「ジュリーと恋と靴工場」9月公開。靴工場で赤い靴=“戦う女”たち描くフレンチ・コメディ・ミュージカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


julie-kutsu_1

映画「ジュリーと恋と靴工場」が、9月23日に日本公開されることが発表された。

本作は、ジャック・ドゥミ監督の「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」を彷彿させるカラフルでポップで小粋なフレンチ・ミュージカル “Sur quel pied danser”(原題/英題“Julie and the Shoe Factory”)だ。

監督は、本作で長編デビューとなるポール・カロリとコスティア・テスチュ。2017年のパームスプリングス国際映画祭で新人監督賞にノミネートされ話題となった新鋭コンビ。現代女性の葛藤を抱えるジュリーを「EDEN/エデン」のポーリーヌ・エチエンヌが好演。くるくると変わるキュートな丸い瞳は躍動感と生命力にあふれ、思わず共感してしまう主人公をみずみずしく演じる。

また、靴や洋服の計算され尽くした色や配置と本物のダンサーを起用したフランスらしいコケティッシュな踊りと歌がストーリー展開を盛り上げる。

julie-kutsu_2

田舎町に住むジュリーは、就職難の末ようやく高級靴メーカーの工場で試験採用を手にする。そんな中、靴職人の女たちは迫る近代化の波でリストラされることを恐れ、抗議のためパリの本社に乗り込み騒動を起こす。巻き込まれたジュリーはあやうくクビになりかけるが、ほのかな恋の予感も…。職人の意地とプライドをかけてアイデンティティを求める勇ましくたくましい女たちとともに靴工場閉鎖の危機を乗り越え、ジュリーは本当の幸せを手にすることができるのか?


海外予告

「ジュリーと恋と靴工場」は、9月23日から新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国にて公開される。

映画「ジュリーと恋と靴工場」
脚本・監督:ポール・カロリ、コスティア・テスチュ
出演:ポーリーヌ・エチエンヌEDEN/エデン」、オリヴィエ・シャントロー「メルニモンタン 2つの秋と3つの冬」、フランソワ・モレル「ゼロ時間の謎」ほか
提供:ギャガ、ロングライド
配給:ロングライド
サウンド・トラック:ランブリング・レコーズ

© 2016 LOIN DERRIÈRE L’OURAL – FRANCE 3 CINÉMA – RHÔNE-ALPES CINÉMA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. tamioboy 「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」9月公…
  2. ebisu-gardenpicnic 恵比寿ガーデンプレイスで野外映画鑑賞。「アイリス・アプフェル!9…
  3. 20thcenturywomen ビームス、マイク・ミルズ監督映画「20センチュリー・ウーマン…
  4. saramary-niwatoristari_4 紗羅マリー、井浦新主演映画「ニワトリ★スター」で映画初出演&初ヒ…
  5. beautyandbeast-concert 実写版「美女と野獣」公開記念。“フルオーケストラの生演奏”で映画…
  6. イヴ・サンローラン激動の10年間を描く映画「サンローラン」12月…
  7. 映画「サンローラン」12月全国公開決定、イヴ・サンローラン激動の…
  8. ラルフ ローレンの新アンバサダーは実写版「ピーターパン」の注目俳…

新着記事

  1. miumiu-denimbag
  2. psychobunny-17awopen_top
  3. christianlouboutin-masculinefemnine
  4. uniqlojeans-rola_1
  5. saintlaurent-joe

COLUMN – コラムニスト連載

  1. kofukuron20
  2. vintage-meet-015
  3. jick05
  4. kofukuron19top
  5. thisisnewyork06-top
PAGE TOP