FEATURE

【FEEL-GOOD GOODS!】「バード・ヘアドゥ・プロダクツ」のバスシリーズ。



byrd

いまや、ヘアケアもファッションだ。自身のライフスタイルやインテリアに合わせ、気分で選びたい。

今回ご紹介するのは、ビーチを愛し、カリフォルニアに憧れ、一年中エンドレスサマーな気分でいたい、そんな欲張りなあなたにご紹介したい、FEEL-GOODブランド。

2012年、カリフォルニア・ニューポートビーチで生まれた「バード・ヘアドゥ・プロダクツ(BYRD HAIRDO PRODUCTS)」は、現役プロサーファーのチェイス・ウィルソンが立ち上げたヘアケアブランド。彼の愛称“Big Bird”から、「バード(BYRD)」と名付けられた。

日本には、2014年に上陸。既に「フリーマンズ スポーティング クラブ(FREEMANS SPORTING CLUB )」などのバーバーやセレクトショップで扱われてるのでご存知の方も少なくないはず。

byrd02

大本命の“クラシックポマード”は、 60年代のサーフカルチャーのスタイルをベースに開発した油性ポマード。この手のものは、水性がよしとされているけど、波乗りの時も前髪を気にすることなくライディングに集中できるという、サーファーならではの発想で、あえて油性に。たしかに既存のそれは特に海や風に弱かったりするし、湿気が多い日本に合ってるかも。

このほか水性で、ツヤを抑えてしっかりとしたホールド力の“マットポマード”と軽いつけ心地の“ライトポマード”もあって計3種類。これらをミックスして使うのがカリフォルニアスタイルで、“ポマードカクテル”というそう。

そしてこの夏登場したのは、“The Trio”と名付けられたバスシリーズ。

byrd03

洗浄力が高く、適度なボリュームと潤いのある元気な髪へ導くシャンプーと、紫外線や熱でダメージを受けた髪を健やかな状態に導くコンディショナーは、ココナッツを基調に、ほのかにシーソルトの香りをブレンド。

また、 すっきり汚れを落としてしっとりとした洗い上りのボディウォッシュは、ココナッツとザクロをメインとした トロピカルココナッツの香り。どちらもありそうでなかった感じでやみつきになりそう。

なにより、ボトルデザインがかわいいので、置くだけでバスルームがツーランクはアップするし、ギフトにも喜ばれるラインアップだ。

byrd04

[左から]ピューリファイングシャンプー 3,500円、ライトウェイトコンディショナー 3,800円、ハイドレイティングボディウォッシュ 3,500円(全て税別)

byrd05

バードはこのほかにも、コームやトラベルバッグ、Tシャツやキャップ、バッグなどのグッズも展開する。

byrd06

こちらはヘッドオフィスに併設する予約制のバーバー。

byrd07

ちなみに、潮風に吹かれたようなふわっとボリューム感のある髪型を“BEACHY HAIR ビーチーヘア”というらしい。一年中そんなBEACHY HAIRでいられるなんて、かなりFEEL-GOOD。これを機に早速、カリフォルニアから届いた海の香りを取り入れたい。

公式サイト

関連記事

  1. chanel-19holiday シャネル N°5の香りをドラマチックにおさめたホリデーコレクショ…
  2. personalair-handfragrance1 アットアロマ、100%天然アロマのハンドクリーム「パーソナルエア…
  3. bvlgari-rosegoldea-blossomdelight ブルガリの「ローズ ゴルデア」から新作、ブロッサム ディライト …
  4. ITRIM-2 プレミアム エイジングケアブランド「イトリン」から、冬のためのホ…
  5. gucci-memoire グッチから新フレグランス。ジェンダーや時代、国籍を超えるユニバー…
  6. chaneltheink-top シャネル「ルージュ アリュール インク フュージョン」発売を記念…
  7. gabrielle-chanel-margotrobbie シャネルのフレグランス「ガブリエル シャネル」、女優マーゴット・…
  8. shiseido-toryburch 資生堂、トリー バーチとライセンス契約を締結。アメリカでのフレグ…

新着記事

  1. morihiko-main
  2. patagoniagift-1
  3. Christian Tortu, fleuriste
  4. koki-kimuratakuya-birthday-top
  5. stylevoice-1

FEATURE – 特集

  1. stressless-wine
  2. shibuya-scramble-square
  3. stressless-museum
  4. jpressandsons-aoyama
  5. knapford

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP