CULTURE

エスパス ルイ・ヴィトン東京で、“光”の芸術家「ダン・フレイヴィン」展が開催



dan-flavin

アメリカ人アーティストのダン・フレイヴィンによる展覧会「DAN FLAVIN」が、2月1日から9月3日まで東京・神宮前のエスパス ルイ・ヴィトン東京にて開催される。

ダン・フレイヴィンは、ミニマリスト運動の主唱者として芸術媒体に“光”を使用した手法の探究に生涯を捧げたアーティスト。初めて光を使用した作品は1961年から1963年にかけて制作した「イコン(Icons)」シリーズで、同作では8枚の四角いキャンバスに電球と蛍光灯を取りつけた。

1960年代から1970年代にかけては、部屋の角部分を使ったインスタレーション作品など、より複雑な形状を持った作品を制作。やがてその規模は空間の隅々に至るまで拡大し、床から壁に沿って天井まで伸びていった。同時に垂直方向、水平方向、あるいは斜め方向に配した蛍光灯の長さや本数、並べ方に応じて、色合いや明るさを調節するなど、様々な色のバリエーションや明度も試した。さらに、1970年代以降はその構成がますます大規模になっていき、特定の場所に存在するために制作するサイトスペシフィック・インスタレーションに取り組むようになった。

同展では、そんなフレイヴィンの先駆的な作品の制作活動に敬意を表し、現代アートとアーティストに特化した芸術機関であるフォンダシオン ルイ・ヴィトンのコレクションの中から、7つの作品を紹介。「Untitled(無題)」、「Alternate Diagonals of March 2(to Don Judd)[3月2日のもう1つの「斜め線」(ドン・ジャッドへ)]」、「“Monument” for V. Tatlin (V・タトリンのための“モニュメント”)」、「Untitled (to Alex and Nikki) [無題(アレックスとニッキーへ)]」などが展示される。

【イベント情報】
「DAN FLAVIN」展
会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京
住所:東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン 表参道ビル7階
会期:2月1日~9月3日
時間:12:00~20:00
入場無料


[元記事:エスパス ルイ・ヴィトン東京で、“光”のアートに生涯を捧げたダン・フレイヴィン展が開催]

fashion_headline_2.png

関連記事

  1. dcm-main 「ライフ イン アート デザイン サイクリング マーケット」が、…
  2. seelv-1 ルイ・ヴィトンが、160余年の歴史を巡るエキシビション「SEE …
  3. latm-10 「ライフ イン アート トウキョウ モダニズム 2022」特別企…
  4. ホイール・ボックス ¥391,600(税込) 「ルイ・ヴィトン」 7の数字がアイコニックな新作バッグコレクショ…
  5. (C) Louis Vuitton Malletier ルイ・ヴィトンのフォトブック「ファッション・アイ」シリーズから新…
  6. nfup-2 ザ・ノース・フェイスが、段ボールアーティスト島津冬樹による参加型…
  7. “Untitled (Japanese ShoeboxII#126‒285)” , 2021 © Gottingham Image courtesy of Yoshihisa Tanaka and Studio Xxingham 「田中義久 × 東京デザインスタジオ 共同研究 vol.0…
  8. lveto ルイ・ヴィトンから2021年の干支「丑」にちなんだ新作アイテムが…

新着記事

  1. sm22aw-3
  2. cinque-4
  3. dentalf-2
  4. lelaboparco-1
  5. KAPOKKNOT-main

FEATURE – 特集

  1. moments
  2. madred-1
  3. renomaparis20ss
  4. stressless-temiyage-top
  5. stressless-chair

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP