LIFESTYLE

シャネルから初の男性用メークアップ ライン 「ボーイ ドゥ シャネル」が登場。待望の日本発売は11月から



BOY DE CHANEL-9 eye

シャネル(CHANEL)から、初の男性用メークアップ ライン「ボーイ ドゥ シャネル 」が、9月より韓国で先行発売し、日本では11月5日よりオンラインブティックにて販売がスタート、2019年1月初旬より、限定店舗にて発売される。

BOY DE CHANEL-9 eye

同ラインは、男性のために生まれた初のメークアップ ラインだ。常に変わることのない価値観の中に、新たなルールが見出された、美しさとは、ジェンダーにとらわれるものではなく、それはスタイルであるという、しなやかさ、自由なライフスタイル、自由な精神。 ボーイ ドゥ シャネルというその名前は、現代のマスキュリ二ティの本質を表現しており、それは従来の価値観からの解放というコンセプトとなっている。

BOY DE CHANEL-15

同ラインの本質が凝縮された、ミッドナイト ブルーのシンプルなパッケージに収められたラインナップは、ファンデーションとリップクリーム、アイブロウ ペンシルの3アイテムだ。いずれも直感的に使うことができ、繊細なフォーミュラで自然な仕上がりが長時間続くようになっている。全てのアイテムはごく自然に、そしてしっかりと気になる欠点をカバーし、自信をもたらし、自分らしくあること、それがすべてであるという事を教えてくれる。

BOY DE CHANEL-8

ボーイ ドゥ シャネル ファンデーションは、ライトな使用感で、自然な仕上がりといきいきとした印象をもたらすリクィッド ファンデーションだ。ナチュラルな補正力で、フォーカス パウダーが、肌の気になる部分を補正。肌のトーンは均一に整い、新しいエネルギーが注ぎ込まれてリフレッシュして見える。高い保湿力と抗酸化作用を誇るカランコエの葉のエキスが、肌のすみずみまで酸素が行きわたるようサポート。さらに、サンスクリーン(SPF 25/PA++)を配合することにより、日光やフリーラジカル、日々の酸化ストレスから保護するすぐれた効果がある。エイジングの引き金となる要因から守り抜かれた肌は、再び自由に呼吸することができる。ライトでみずみずしいリクィッド タイプのテクスチャーは、被膜感をまったく感じさせず、ヒアルロン酸誘導体配合により、心地よさが長時間持続。さらに、汗や皮脂に強いポリマーが、どんな環境のもとでもパーフェクトな仕上がりを維持。ファンデーションは指先ですっとのばすだけで、セカンドスキンのようにフィット。まるで何ものせていないかのような快適さと軽やかな使用感で、テカリの目立たない明るくクリーンな肌に仕上げる。カラーは、N°30 ミディアム ライト、N°40 ミディアム、N°50 ミディアム プラス、N°60 ライト ディープの4つのシェードから選べる。価格は、30ml 8,000円(税別)。

BOY DE CHANEL-13

ボーイ ドゥ シャネル リップ ボームは、唇を心地よく整え、保護しながらうるおいを長時間キープするリップクリームで、この1本で唇を完全にケアできる。フォーミュラには、ホホバオイルや栄養をもたらすシアバター、さらに抗酸化作用にすぐれたビタミンE誘導体を配合。きわめて軽やかでなめらかな塗り心地と、マットな仕上がりが特長だ。価格は、4,800円(税別)。

BOY DE CHANEL-11

ボーイ ドゥ シャネル アイブロウ ペンシルは、思いのままの仕上がりが簡単に完成する、アイブロウ ペンシルだ。繰り出し式のアイブロウ ペンシルに、眉毛を整えるためのスクリュー ブラシが付属した、ダブル エンド タイプ。ペンシルの先端は斜めにカットされているので、削る必要は無く、平らな面でよりソフトな印象に仕上げ、少し尖った先端でしっかりと形づくることができる。天然由来のしなやかなワックスとエモリエントオイルを配合し、なめらかな描き心地で直感的に使え、水や汗に強いウォータープルーフ タイプで、仕上がりが長時間続く。カラーは、#204 グレイ、#206 ディープ ブラウン、#208 ブラックの3つのシェードから選べる。価格は、5,000円(税別)。

問い合わせ先/シャネル カスタマーケア  0120-525-519

関連記事

  1. bullyaoyama-3 「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」が新路面店を青山骨董通…
  2. chanel-onlinelesson シャネル、リモートでメイク指導「オンライン ビューティ コーチン…
  3. denis-miyashitapark メンズグルーミングブランド、デニスがミヤシタパークに出店。ブリー…
  4. gaslisa-1 コスメキッチンが「リサとガスパール」とコラボ。オリジナル描き下ろ…
  5. diormakemask-1 ディオールがマスクによる化粧崩れを防ぐサマーメイクテクニックを公…
  6. cinque-1 D2C新オーガニックコスメブランド「サンク」デビュー。第1弾は、…
  7. addictionpref-1 アディクションの「プレフォールコレクション」が7月に発売。マット…
  8. haltenjapanlimited_1 サッカー槙野智章選手がCEOを務めるビューティーブランド「ハルテ…

新着記事

  1. ogawacoffee-17
  2. studior330d-9
  3. vendomeaoyama-20autumn
  4. nolkyoto-1
  5. キーヴィジュアル_20FALL

FEATURE – 特集

  1. renomaparis20ss
  2. stressless-temiyage-top
  3. stressless-chair
  4. stressless-wine
  5. shibuya-scramble-square

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP