CULTURE

賀来賢人主演&原案、Netflixシリーズ「忍びの家 House of Ninjas」配信スタート



shinobinoie

賀来賢人が主演と原案を務める、Netflixシリーズ「忍びの家 House of Ninjas」が2月15日より独占配信をスタートした。本作は、骨太なサスペンスドラマとスピーディーかつリアルな“忍者アクション”が融合した、異色の忍びエンターテイメントだ。賀来自身が約2年前から企画を温め続け、実現に至った作品であり、主演俳優としてだけでなく、共同エグゼクティブプロデューサーとしても名を連ねている。自ら「命がけの作品」と公言する本作への想いは並々ならぬものがあり、多くのスタッフ、俳優の心を動かす原動力ともなった。

伝説の忍者=服部半蔵の血を引く“忍びファミリー”=俵家。
優秀な“忍び一家”だったが、最悪な事件により大事な家族の1人を失った一家は、“忍び”であることを捨て、一般庶民にまじり平穏な生活を送っていた……はずだった。事件以来バラバラになってしまった家族の心、そんな俵家を何としてでも“忍び”に復帰させたいBNM(=忍者管理局)だったが、国家を揺るがしかねない恐るべく事件が起きてしまう。さらに恐るべき陰謀が浮かび上がる。BNMの指示により半ば強引に巻き込まれていく俵家。そして、俵家に近づく謎の存在。果たして、俵家に待つ運命とは。

心優しき“元・忍び”=主人公・晴(ハル)を演じるのは賀来賢人。過去の事件により心に深いトラウマを抱える俵家の次男を、孤独と時折にじむユーモアを絶妙に織り交ぜて、多面性のあるキャラクターに見事に着地させている。

俵家の主要キャスト人には、父親・壮一に江口洋介。母親・陽子は木村多江。長男・岳に高良健吾。長女・凪に蒔田彩珠。末っ子・陸に番家天嵩、祖母・タキ役は宮本信子が演じる。さらに、雑誌記者・伊藤可憐に吉岡里帆、怪しげな新興宗教の教祖として信者を増やし続ける謎の男・辻岡に山田孝之と、豪華俳優陣が名を連ねる。

さらに、監督を務めたのはハリウッドも注目する新進気鋭のアメリカ人映画監督、デイヴ・ボイルだ。互いの文化を交差させ、役者たちと国境を超えたワールドワイドな一大忍者プロジェクトに挑む。

関連記事

  1. samsonitebiz23ss_t 【特集】“賀来賢人とサムソナイト。次代の選択” – …
  2. nfxbms-2 ビームス x ネットフリックス、世界初のコラボが実現。Tシャツや…

新着記事

  1. TANGTANG (2)
  2. UNDER R (2)
  3. rokh H&M (1)
  4. harakado-1-660x400
  5. Tiffany&Co

FEATURE – 特集

  1. milamoretop_
  2. heres-main
  3. samsonitebiz23aw_top
  4. nochino6
  5. samsonitebiz23ss_t

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. HYPEGOLF-3
  2. vintage-meet-025
  3. vintage-meet-024
PAGE TOP