FASHION

矢野経「スポーツアパレル市場に関する調査結果 2014」にみる、ライフスタイルウェア競争激化とアウトドアウェア好調



矢野経済研究所は、「スポーツアパレル市場に関する調査結果 2014」を発表。スポーツ関連企業(メーカー・卸売業・小売業)へ2014年8月~11月の期間に行った独自調査をまとめた同レポートでは、国内スポーツアパレル市場動向と予測をはじめ、トレーニングウエア、ゴルフウエア、アウトドアウエア、サッカー・フットサルウエア、ライフスタイルウエア、野球・ソフトボールウエア、テニスウエア、陸上競技・ランニングウエア、スイムウエア、スキー・スノーボードウエア、バスケットボールウエア、フィットネスウエア、その他ウエアの13カテゴリーの各市場動向をみることができます。

今回の調査結果サマリーは以下の通り。

| 2014 年のスポーツアパレル国内市場は、前年比102.3%とプラス成長の見込み
2014年のスポーツアパレル国内市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比102.3%の5,241億3,000万円の見込みである。ゴルフウエア、ライフスタイルウエア、スキー・スノーボードウエアが前年割れとなったものの、サッカー・フットサルウエアなどその他の9カテゴリーにおいては、前年を上回る見込みとなっている。| トレーニングウエア市場は、2014 年も出荷拡大の見込みだが店頭販売の不振が続く
2014 年のトレーニングウエア国内市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比101.8%の1,231 億円の見込みである。健康、美容志向によるスポーツへの関心の高さが続き、スポーツウエアに対する需要は依然大きいことから2014 年もメーカーは出荷拡大を見込む。しかし、夏場以降の天候不順などを理由として店頭販売の苦戦が続いたことで、2013 年と比較して流通在庫が多くなっており、冬のセール期間においては在庫整理のためのクリアランス合戦という”消耗戦”が展開される可能性が高いものと考える。

| 2014 年のサッカー・フットサルウエア市場は、前年比109.5%と高成長の見込み
2014 年のサッカー・フットサルウエア国内市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比109.5%の392 億円の見込みである。若年競技者数の増加を背景としたチームウエアの安定した需要に加え、ワールドカップ開催で日本代表のレプリカウエアが特に好調な売れ行きとなり、前年を大きく上回る見込みである。
| 2014 年のアウトドアウエア市場はライフスタイルウエアとしての需要が拡大し、成長の見込み
2014 年のアウトドアウエア国内市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比106.2%の800 億円の見込みである。若い女性を中心とした登山のエントリー需要に2013年までほどの伸びは見られなかったものの、機能性だけでなくファッション性が高まり、日常のライフスタイルウエアとしての需要を拡大したことで高成長を見込む。

特に注目すべき市場動向として挙げられるのは、「ライフスタイルウェア」カテゴリーが前年比99.1%の342億円とマイナス成長を見込むとの結果。日常着としての側面が強いことから一般カジュアルブランドの影響を受けていることに加え、量販店や総合スポーツ店においてもライフスタイルウエアの売場を縮小する傾向が続いているとの分析がされています。

一方で、「アウトドアウエア」においては、前年比106.2%の800億円の見込み。近年の市場を牽引してきた、若い女性を中心とした登山のエントリー需要の増加は鈍化しているものの、日常のタウンユースとしての需要が拡大しているとの分析です。

ユナイテッドアローズ「EN ROUTE(アンルート)」、来春デビューとなるジュンの女性向け新ストアブランドはナイキとの協業、マッシュHDと「アトモス」を運営するテクストトレーディングカンパニーとの協業による新業態「emmi(エミ)」など、ファッション企業によるスポーツウェアへの参入が新潮流として注目されるなか、スポーツカテゴリーに参入するファッション業界と”日常着”としてファッションカテゴリーに参入するスポーツアパレル業界との競争激化が、2015年はさらに加速する流れをみせています。

・矢野経済研究所「スポーツアパレル市場に関する調査結果 2014」
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001340

関連記事

  1. minimalcloset-1 D2Cブランド「ソージュ」が、ファッションをサステナブルに楽しむ…
  2. st-1 アダストリアの公式ウェブストア「ドットエスティ」にて新サービス「…
  3. TikTok-1 アンジャッシュ児嶋と人気Tik Tokクリエイター5名がサンタ隊…
  4. zozoweek_press 本田翼がゾゾタウンの新テレビCMで「桃太郎ダンス」に挑戦。長年の…
  5. キーヴィジュアル_20FALL ギャップの新キャンペーンムービー「私が心地よさを着る理由」が…
  6. coronatravel-1 コロナビールが旅行業界の支援プロジェクト「リディスカバーパラダイ…
  7. norahairsalon-ticket-top 新型コロナ危機を「前売り券」で救う!キングコング西野亮廣が協力、…
  8. nanounknown-1 ナノ・ユニバースとエスティファイブが商品撮影に特化した次世代マネ…

新着記事

  1. OAKLEYCU-main
  2. DBOX creates strategy, design and content for the marketing of landmark properties around the globe. From our studios in London, Miami and New York, we work in close collaboration with many of the world's leading developers, investors and architects. Through the careful combination of craft and technology, we generate non-formulaic brands and experiences that are engaging, memorable and effective. A selection of our award-winning work can be seen at: www.dbox.com

DBOX’s work has been recognised by organisations including the Academy of Television Arts 
& Sciences (Emmy® Awards), Communication Arts, The Art Directors Club, World Luxury Award, American Design Awards, and The International Property Awards, and has been exhibited at 
The Museum of Modern Art, The Museum of Contemporary Art in Tokyo, The Art Institute of Chicago and The Museum of Contemporary Art in Los Angeles.
  3. zoffniji-1
  4. Laëtirais-1
  5. PEANUTS©

FEATURE – 特集

  1. renomaparis20ss
  2. stressless-temiyage-top
  3. stressless-chair
  4. stressless-wine
  5. shibuya-scramble-square

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP