FASHION

ゾゾタウンとヤマト運輸が共同。EC業界初、駅やスーパーなど「ロッカー受け取り」サービス開始



yamatozozo-pudostation

「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイは8月23日、ヤマト運輸と共同で注文商品を宅配便ロッカーで受け取れる「ロッカー受け取り」サービスを開始した。

「ロッカー受取り」は、ヤマト運輸が提携しているオープン型宅配便ロッカー「プドー(PUDO)ステーション」を活用。注文時に「ロッカー受取り」を選ぶことができるのは、EC業界初の試みとなる。

ゾゾタウンでは、買い物客からの「再配達を受け取るのが面倒」という声や、「商品をロッカーで受け取れるようにしてほしい」という声に対応すべく、注文商品の新しい受け取り方を検討してきたという。今回、コンビニエンスストアやヤマト運輸直営店に加え、注文時に受け取り場所として「ロッカー受取り」を選択できるようになることで、不在時や宅配ボックスのない場合でも好きな時間に好きな場所で、注文商品を受け取れることになる。

パックシティジャパンが展開するプドーステーションは、東京、埼玉、神奈川、千葉など首都圏をはじめ、大阪、兵庫などの関西、愛知などの中部地方、福岡というエリアで2017年7月時点で500台以上を設置。駅やスーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストア、ショッピングモール、公共施設(市役所、コミュニティセンター等)、駐車場、駐輪場、アパート(公共スペース等第三者が入れる場所)等が設置場所で、どの宅配会社でもサービスを展開できる宅配便ロッカーとして注目されている。

関連記事

  1. Print 杏、石田ゆり子、篠原涼子、宮沢りえなど豪華女優陣が出演!資生堂の…
  2. zozosuit-ordersuits1 ゾゾタウンのスタートトゥデイが“自動採寸”のオーダーメイドスーツ…
  3. instagram-shoppingsticker インスタグラム、「ストーリーズ」からもECサイトに直接リンク可能…
  4. instagram_shopnow インスタグラムからECに直接リンクする「ShopNow」機能が日…
  5. nanouniverse-ecapp ナノ・ユニバース、ストレスを与えないEC専用アプリに注目。スピー…
  6. fashionmarketing2018 2018年まず始めたいファッションマーケティング、デジタル時代の…
  7. seibusogo-kimuratakuya 木村拓哉が”「わたしは、私。」正解は、ない。「私」があるだけ。”…
  8. eldest-miyakoshiken 【特集】次代のセールスエージェンシー、エルディスト誕生。「物とし…

新着記事

  1. cire-trudon-18xmas_1
  2. rimowaxoffwhite-vol2
  3. burberryher1
  4. onsenryokanyuenshinjuku
  5. coredomuromachiterrace_1

FEATURE – 特集

  1. sharegreenminamiaoyama-open
  2. balmuda-thelight_4
  3. stressless-hoshino
  4. shibuyabridge-outline
  5. shibuyastream-outline

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-024
  2. vintage-meet-023_top
  3. vintagemeet022_1
PAGE TOP