LIFESTYLE

バイレードの“名前のない香水”が復刻。「アンネームド」リエディション限定発売



byredo-unnamed1

「バイレード(Byredo)」が、2016年に10周年を記念して発表した“名前のない香水”、「アンネームド」のリエディションを限定販売する。

名前も無い、説明も無い、空白のラベル。香りから連想されるストーリーを自らが選んだ言葉で綴るという本作。香水ボトルと同梱されたオリジナルフォントのレタリングセットを使えば、あらゆる文字の組み合わせがラベルに印字できる。「イニシャル」 「ファーストネーム」「ラッキーナンバー」「地名」「時刻」など、想像を自由に掻き立ててそれぞれの感性で香りをポエムに綴るという提案だ。

byredo-unnamed2

ピンクペッパーのスパイシーでフルーティーな香り、ジンの爽快な香り、森の暗がりに咲くビオラと苔のブランケットに囲まれたアイリスルートの優しい香り、空に向かって悠然とそびえ立つパインツリーの暖かみある香り、松脂のビターな香り。アメリカの広大な自然を連想させるバルサムモミのセンシュアルな香りなど、様々な解釈をしながら、どう香りを感じるかはその人次第だという。

バイレードのファウンダーでクリエイティブディレクター、ベン・ゴーラム(Ben Gorham)は、「バイレードの香水の名前は、その香りの起源を示唆するものです。香水とは“主観の産物”であり、香水のボトルに刻まれた言葉は時に調香師に閃きを促し、また時に身につける人の記憶を呼び起こします。香水の栓を開ける前から、既に香りの体験は始まっているのです。バイレードの香水の愛用者が、それぞれ全く異なった解釈で香りを捉えていることは大変興味深い事実です」とコメントする。

「アンネームド」オードパルファンは1月31日からバイレード販売代理店及び、Byredo.comにて購入可能だ。価格は、100ml 30,000円(税別)。


[元記事:バイレードの名前のない香水「アンネームド」がリエディションとして限定発売]

scentpedia_newlogo

関連記事

  1. addictionpref-1 アディクションの「プレフォールコレクション」が7月に発売。マット…
  2. haltenjapanlimited_1 サッカー槙野智章選手がCEOを務めるビューティーブランド「ハルテ…
  3. deliveryhaircut_1 日本初!?迎えに来るヘアサロン“デリバリーヘアカット”、赤坂と南…
  4. shiro-fragrance-refill SHIROから、ルームフレグランスに詰め替え可能なレフィルが登場…
  5. shiro-handcare SHIROから消毒用エタノールの代替品として使えるハンドケアアイ…
  6. dedcool01 ロサンゼルス発クリーン・フレグランスブランド「デッドクール」が日…
  7. norahairsalon-ticket-top 新型コロナ危機を「前売り券」で救う!キングコング西野亮廣が協力、…
  8. chanelessence シャネル、煌めきを放つように香り立つ新作「ガブリエル シャネル …

新着記事

  1. addictionpref-1
  2. freemanssportingclub-close
  3. hommage-a-pierre-jeanneret
  4. Daughters-1
  5. mizuno-mouthcover

FEATURE – 特集

  1. renomaparis20ss
  2. stressless-temiyage-top
  3. stressless-chair
  4. stressless-wine
  5. shibuya-scramble-square

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP