FASHION

「ヴォーグ ジャパン」が、14年ぶりにリニューアル。オリジナルアバター誕生や、ARでのコンテンツ体験も可能に



voguer-1

ファッション誌「ヴォーグ(VOGUE)」の日本版「ヴォーグ ジャパン」が、ヘッド・オブ・エディトリアル・コンテント(Head of Editorial Content)のティファニー・ゴドイ氏(Tiffany Godoy)のディレクションのもと、大々的なリニューアルを発表。第一号となる10月号が、9月1日に発売となる。

14年ぶりのリニューアルとなる同号からは、「シックス(S六S)」と名付けられたオリジナルアバターが誕生し、同誌の新たな楽しみ方を提案。また、紙バージョンの雑誌、ウェブサイト、ソーシャルメディアを一体として捉え、各デザインや表現を一新。表紙や背表紙に使われるカラーは、未来を明るく前向きに捉える、楽観的な視点と遊び心を反映した色、ヴォーグ・ジャパン・ピンクに決定した。

さらに、表紙や誌面の至るところにQRコードが仕掛けられ、ARなどさまざまなタイプのコンテンツとのインターアクションの可能を実現。なお、同号の表紙に記載されているQRコードを読み込むと、シックスがARで飛び出て挨拶する仕掛けにも注目だ。

関連記事

  1. cocomi-vogue 木村拓哉&工藤静香の長女Cocomi、「ヴォーグ ジャパン」表紙…
  2. vogue-shotamatsuda-kozueakimoto 松田翔太・秋元梢夫妻が「ヴォーグ ジャパン」表紙で初共演。写真家…

新着記事

  1. pumpkin-1
  2. tiffannyxb
  3. fukuske-chan-1
  4. tds-4
  5. brandnewgate-13

FEATURE – 特集

  1. moments
  2. madred-1
  3. renomaparis20ss
  4. stressless-temiyage-top
  5. stressless-chair

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. HYPEGOLF-3
  2. vintage-meet-025
  3. vintage-meet-024
PAGE TOP