FASHION

マークスタイラー「美人新入生ミスコン」コラボにみる、”学生コミュニティへのイマドキPR”



マークスタイラーが運営する自社EC「RUNWAY channel(ランウェイチャンネル)」と、全国ミスコンポータルサイト「misscon.jp」を運営するC-livesとのコラボレーションによる、「NEW FACE GRANDPRIX2013 supported by RUNWAY channel」が開催。

これは、2013年関東圏・関西圏の大学に入学した新入生の中から、一番カワイイ子を決めるミスキャンパスコンテスト。2013年5月の予選投票から6月の本選投票でファイナリストが選ばれ、イベントにてグランプリを発表。グランプリは、雑誌『Ray』で専属読者モデルの権利、副賞として30万円分の旅行券をプレゼント。また、準グランプリには雑誌『EDGE STYLE』で読者モデルの権利と副賞10万円がプレゼントされます。

さらには、ファイナリスト6名の中から、ミスTGC賞として8月31日(土)にさいたまスーパーアリーナで開催される東京ガールズコレクション(TGC)の「MISS TOKYO GIRLS COLLECTION」セミファイナリストから挑戦できる権利が与えられています。

NEW FACE GRANDPRIX2013_03.jpg
NEW FACE GRANDPRIX2013_2.jpg

なお、コンテスト終了後も、出場者の美人新入生たちは”ファッショニスタ”といわれる「RUNWAY channel blog」のブロガーとしてファッション情報を発信する仕組みになっています。

「RUNWAY channel」は、ファッションコミュニティ&ストアとしてECだけでなく、ブロガー囲い込み施策やファッション・エンタメニュース発信、写真投稿やL♥VE機能などのコミュニティアプリ展開でのデジタル施策を積極的に行っている自社ブランド統合ポータルサイトです。今回の取り組みは、「ミスキャンパスコンテスト」という学生向けPRの従来的な手法でありながら、「RUNWAY channel」をプラットフォームとして活用することで、新規顧客獲得と既存顧客参加によるロイヤリティ向上の両軸を図ることができる施策となっています。

今回対象の新入生となる18~19歳という年齢は、一般的にファッション価値感が変容するタイミングといわれており、ファッション誌だけではアプローチが難しくなっている”学生コミュニティ”に対し、”仲間ゴト化”が期待できるイベントでのアプローチによって、自社ブランド群への入り口を作っている”イマドキPR”事例としてみることができます。

・「NEW FACE GRANDPRIX2013 supported by RUNWAY channel」 http://special.runway-ch.com/n1_grandprix/index.html

新着記事

  1. dior-bmx
  2. acne-ss18mens
  3. marni-crystalchristmas
  4. tsutaya-book-apartment6
  5. kitaaoyama2chome

COLUMN – コラムニスト連載

  1. kofukuron-21top
  2. vintage-meet-018
  3. Processed with VSCO with c1 preset
  4. vintage-meet-016top
  5. kofukuron20
PAGE TOP