CULTURE

ファッション業界が舞台「ファーストクラス」続編、レスリー×東信による沢尻エリカら総勢11人”悪女顔”公開



沢尻エリカ(吉成ちなみ)「ファーストクラス」 (C) フジテレビ

フジテレビドラマ「ファーストクラス」が終了から4ヶ月の同局史上最速での続編となり、10月15日(水)から毎週水曜22時枠の連続ドラマとしてスタート。

「ファーストクラス」前作は、出版社のファッション誌編集部で働く主演の沢尻エリカがインターンから編集長まで成り上がり、廃刊危機の雑誌「ファースト・クラス」を救うというストーリー。現代女性の社会現象として着目したという、”マウンティング=人間の格付け”し合う人間模様を描いた内容が話題になり、最終回では視聴率10.3%を獲得、フジテレビの土ドラ枠最高視聴率を記録しています。

続編では、出版社からファッションブランドに舞台を移し、新進気鋭のデザイナーとして働く沢尻エリカ演じる主人公・吉成ちなみのその後が描かれます。沢尻以外は、キャストを一新。”業界のゴッドマザー”ファッションブランド創始者・矢野竜子役に夏木マリ、”執念の雌タイガー”大手アパレル社長・瀧川蘭子役に余貴美子、”破壊度200%女”クリエーティブディレクター・廣木リカ役には木村佳乃が悪女を熱演。このほか、倉科カナ、シシド・カフカ、篠原ともえ、市川実和子、ともさかりえなどがデザイナー軍団として、小島聖、鈴木ちなみがプレスチームとして登場します。

そんな美しき悪女”沢尻イレブン”が登場する番組メインビジュアルとして公開されたのは、フォトグラファーのレスリー・キー、東信の「JARDINS des FLEURS(ジャルダン・デ・フルール)」、アートディレクターの吉良進太朗による総勢11人”悪女顔”。テーマは”華とトゲ”。ビジュアルのメイキング動画も同時公開されています。
firstclass02.png上段左から)木村佳乃、夏木マリ、余貴美子
中段左から)倉科カナ、シシド・カフカ、篠原ともえ、鈴木ちなみ
下段左から)市川実和子、小島聖、ともさかりえ (C) フジテレビ

前作に引き続き、「Numéro TOKYO」の軍地彩弓エディトリアル・ディレクターがファッション監修を務めます。前述のビジュアル監修も務めたという軍地氏は自身のSNSで、「ドラマって本当に大変。できるだけリアルに、できるだけ非日常を描けるように、頑張ります。」とクランクインを報告。「今回の舞台はファッションブランド。前回の何倍もドロドロしております…」と期待を煽ります。

同ドラマファンのみならず、ファッション業界的にも話のネタになる、この秋最注目の”Itドラマ”となりそうです。エンターテインメントとしてはもちろん、こうしたファッションへの興味喚起になるようなキラーコンテンツが今後、業界内からも出てくると次代の活性化に繋がるのではないでしょうか。

・オフィシャルサイト「ファーストクラス」 http://www.fujitv.co.jp/firstclass2/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

新着記事

  1. kingdomoverride1
  2. biocbonazabujuban
  3. crystalmagic
  4. ninaxmas2016-1
  5. matsuyaginza-jewelry2016

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet6
  2. thisisnewyork05
  3. lifestylerenovation22
  4. cementisfashion002-1
  5. coco06
PAGE TOP