FASHION

“雑誌のように編集し、特集と連載を持つ”ニコアンドトーキョー、第2弾は青山テイストメーカーズとコラボ「朝食と旅」特集



2014年10月にオープンし話題を集めたトリニティアーツ「ニコアンド(niko and …)」の旗艦店「ニコアンドトーキョー(niko and … TOKYO)」が、ポップアップイベント「旅と朝食」を1月23日から開催中。

同店のコンセプトは、”雑誌のように編集し、特集と連載を持つお店”。エントランス付近をエディトリアルスペースとして「雑誌の特集」と位置づけ、45日~60日のサイクルでオケージョンやトレンドに合わせ、編集テーマを変えて売り場づくりを行います。オープン第1弾は「45日のポートランド」で、地産地消のライフスタイルで注目される米・オレゴン州のポートランドをテーマに、「ラッド・コテージ(Ladd Cottage)」の蜜蝋キャンドル、活版印刷のポストカードや「カマムソープ(CAMAMU SOAP)」の100%ナチュラル&ハンドメイドソープ、アウトドアブランド「ポーラー(POLeR)」の雑貨、「ペンドルトン(PENDLETON)」などを展開しています。

今回の「旅と朝食」は、その第2弾特集で、南青山のライフスタイルショップ「ザテイストメイカーズアンドコー(The Tastemakers & Co.)」とコラボレーション。同店で人気のオランダ発ナチュラル&オーガニックスープ、オリジナルの木製ギフトボックスに入ったホットチョコレート、パンケーキミックスをはじめ、ブランド「ザ マイルズ(The MILES)」も共同開発。マグカップやキャニスター、トートバッグやTシャツ、パーカーなどこのフェアのために制作したオリジナルアイテムも展開。このほか、「ロリンザ(LORINZA)」のバッグや「クラッシュバゲージ(CRASH BAGGAGE)」のスーツケースなど、テーマにまつわる様々なアイテムをセレクトしています。

nikoand_breakfast02.jpg

独自の編集力と時代の気分を切り取ったポップアップコンテンツによって、情報発信型の店舗運営を行う「ニコアンド」。積極出店によりプラス成長を続けており、トリニティアーツ、そしてアダストリアホールディングスの基幹ブランドとして今後も注目される成長ブランドとなっています。

・「niko and … TOKYO」 http://magazine.nikoand.jp/tokyo/

新着記事

  1. chanel-ginzanamiki_top
  2. isseymiyake-floriography
  3. hana4-artbook8
  4. louboutin-loubitag-top
  5. amuronamie-docomo

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintage-meet-018
  2. Processed with VSCO with c1 preset
  3. vintage-meet-016top
  4. kofukuron20
  5. vintage-meet-015
PAGE TOP