LIFESTYLE

“大人の原宿”のための新商業施設「カスケード原宿」3日オープン、ロンドン発カップケーキ店や話題の台湾茶カフェ初上陸



10月3日より、原宿に新たな商業施設がオープンする。その名は、「カスケード原宿(CASCADE HARAJUKU)」(東京都渋谷区神宮前1-10-37)。原宿といえば、”若者カルチャーの街”というイメージがあるが、今回誕生した「カスケード原宿」は大人に向けた施設とのこと。そんな、この秋注目のホットスポットに潜入した。

前述の通り、「カスケード原宿」はターゲットを20代後半から30代後半の大人向けに設定。”若者の街から大人の原宿へ”をコンセプトに、テラスで至福のひと時を過ごす「#原宿テラスタイル」を提案する。高低差のある土地の形状を活かして、テラスに緑と光を取り込んだモダンなファサードとなっている。

建物自体は地上3階と地下1階となっているが、飲食エリアが展開されるのは地上2階から地下1階までの3フロア(最上階はオフィスが入る予定)となり、話題の台湾茶を扱うカフェ「彩茶房」やロンドン発の「ローラーズ・カップケーキ東京」など日本初出店の店舗も含め、バルやダイニングなど計7店舗が出店している。

141358.jpg

なぜ「カスケード原宿」のコンセプトを”大人の原宿”としたのか、担当者に聞いてみると「まずこの大通りから道を1本奥に入った住宅地に佇む、というロケーションです。隣には芸能事務所があって、竹下通りもほど近い、となると普通ならティーンエイジャー向けのものを考えるところなのですが、そこは一捻りあるものにして価値を高めて行きたいという思いがありました。そこでターゲット層を大人に焦点を当てて、緑が生い茂っていて、光も差し込んでくるテラスで素敵な時間を過ごして頂けるような空間を提供できる場所を目指しました」と明かした。

さらに、建物自体にも細やかな演出を施しているという。「建物自体には、目立った脚色は加えていないんです。全体を抑えめにすることで、入っている各テナントさんの色が際立つような作りにしたかったんです。若い方よりも少し上の方に、『こんな所に、こんな施設があったんだね』と発見をして頂いて、気に入ったら何度も足を運んで頂けるようになれば。迷い込んだというような感覚の中で発見したものって魅力的だったりするかと思いますが、一度来て頂ければきっと惹かれるものがある仕掛けを作れたのではないかと思っています」と語っていた。

[元記事:テラスが魅力の”大人の原宿”、新商業施設「カスケード原宿」10月3日オープン]
・「カスケード原宿」 http://cascade-harajuku.com/

 

fashion_headline_2.png

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

新着記事

  1. ninaxmas2016-1
  2. matsuyaginza-jewelry2016
  3. クリスマスバナー
  4. chet-robinsimon
  5. gregory-urbanattack

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet6
  2. thisisnewyork05
  3. lifestylerenovation22
  4. cementisfashion002-1
  5. coco06
PAGE TOP