FASHION

百貨店売上高3カ月連続でマイナス、インバウンド需要は高額品からコスメなど消耗品を購買する傾向へ



日本百貨店協会が発表した全国百貨店(81社、236店)の5月売上高は、前年同月比5・1%減と3カ月連続でマイナスとなった。全18地区で前年に届かず、地方だけでなく都心の大型店も低迷した。株価低迷など消費マインドが低下し、中間層、富裕層ともに取り込めなかった。

商品別では雑貨が0・2%増と14カ月連続でプラスを確保した一方で、衣料品は7・8%減と大きく数字を落とした。

インバウンド(訪日外国人)需要は、購買客数が12・7%増の約23万人と40カ月連続増となったが、免税売上高は16・6%減の約134億円となり、2カ月連続で前年実績を下回った。高額品から化粧品などの消耗品を購買する傾向に変わっており、客単価が大幅ダウンとなったことが響いた。

東京地区も3ヵ月連続減
東京地区の売上高は4・5%減の1245億円で3カ月連続で減収となった。月前半はゴールデンウィークの催事やイベントで好調だったが、後半に失速した。商品別では雑貨が1・5%増、化粧品が13・5%増で、どちらも14カ月連続でプラスだった。衣料品は伸び悩んだが、ブラウス、パンツは堅調だった。6月も、15日までで3%減と厳しさが続いている。
dept-may2016-2.jpg [元記事:百貨店5月売上高、3カ月連続でマイナス]
senkenlogo.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

新着記事

  1. ninaxmas2016-1
  2. matsuyaginza-jewelry2016
  3. クリスマスバナー
  4. chet-robinsimon
  5. gregory-urbanattack

COLUMN – コラムニスト連載

  1. vintagemeet6
  2. thisisnewyork05
  3. lifestylerenovation22
  4. cementisfashion002-1
  5. coco06
PAGE TOP