LIFESTYLE

英国フレグランス「ペンハリガン」から、イギリスの上流階級の秘密を表現したコレクション「ポートレート」発売【Scentpedia】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


penhaligons-portraits

英国フレグランスハウス「ペンハリガン(PENHALIGON’S)」から、イギリスの上流階級の秘密を表現したコレクション「ポートレート(Portraits)」が11月22日に発売。

ポートレートは、イギリスの上流階級を舞台にした架空の物語をテーマに展開。19世紀後半、イギリスの田園地帯に建つ大邸宅に住むジョージ卿とその家族たち、一人ひとりのキャラクターとその人間関係、ユーモア、刺激的なエッセンスを香りで表現する。

今回登場したのは、4つの香り。

まず、「ザ トラジェディ オブ ロード ジョージ オードパルファム」は、かすかにお酒の香りを感じさせる、エレガントで力強いメンズフレグランス。香調はウッディ アンバリー フゼア。ボトルデザインはシカ。典型的なイギリス紳士で伝統を重んじるジョージ卿は、幸せな結婚に重要なことは、自分の考えを悟らせない振る舞いだ、という考えの持ち主。“ジョージ卿の悲劇”と名付けられた。

penhaligons-portraits1

次に、「ザ リベンジ オブ レディ ブランシュ オードパルファム」は、内情に通じている女性のための、気分が高まるようなフレグランス。香調は、ナルコティック グリーン フローラル。ボトルデザインはヒョウ。とても献身的で、まるで絵に描いたような魅力的な女性のブランシュ夫人。しかし、一方で罪を犯すことをも恐れない女性。シェイクスピアも警告する、「ふられた女の恨みほど怖いものはない」と。その名も、“ブランシュ夫人の復讐”。

penhaligons-portraits2

誰からも愛されるローズ公爵夫人をイメージした「ザ コヴェテッド デュシェス ローズ オードパルファム」は、快楽主義の雰囲気を帯びた、繊細なフレグランス。香調は、デリケート ウッディ ローズ。ボトルデザインはキツネ。爽やかで可愛らしいローズのように慎み深い公爵夫人は、結婚をしてからずっと、楽園をもう一度手に入れることをずっと望んでいる。

penhaligons-portraits4

そして、「マッチ アド アバウト ザ デューク オードパルファム」は、対極的なものが混同するような、ローズが美しく香るメンズフレグランス。香調は、エンシャンティング スパイシー ローズ。ボトルデザインはイヌ。どこにでも姿を現す退廃的でダンディなところは魅力的だけれど、驚くほど態度があいまいではっきりしない娘婿。どこに行っても人々の憧れの的だが、どうやらそれだけではないようだ。その名も、“お騒がせネルソン公爵”。

penhaligons-portraits3

価格は、各75mL 31,500円(税別)。店舗限定発売。1つ1つのフレグランスに与えられたストーリー、今後の展開も気になるところだ。アニマルモチーフのおしゃれなボトルデザインなので、4本揃えるだけでインテリアとしてもよさそうだ。

問い合わせ先/ブルーベル・ジャパン株式会社 香水・化粧品事業本部 tel: 03-5413-1070

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. zara-fragrance ZARAのフレグランスが日本初上陸。名古屋店がリニューアルオープ…
  2. gabrielle-chanel シャネルが14年ぶりに香水の新作「ガブリエル シャネル」発表。自…
  3. locherber-klinto1817 ミラノ発のブランド ロッケルベル、芳醇なワインの甘い香り「クリン…
  4. formulary-vintagepeony フォーミュラリー55のハンド&ボディクリームコレクションに新たな…
  5. legalion 一度はフレグランス業界から消えた、伝説のフレグランスメゾン「ル …
  6. valentino-valentina ヴァレンティノ、五感を虜にする新作フレグランス「ヴァレンティナ …
  7. jomalone-oak ジョー マローン ロンドン、心を捉えて離さない「イングリッシュ …
  8. prada-infusionderose_2 プラダから新フレグランス、ローズの香り「インフュージョン ドゥ …

新着記事

  1. saintlaurent-joe
  2. sacai-cutup
  3. Innovation_Summit_16_Hero_Product
  4. kusamayayoi-museum
  5. bossjumper

COLUMN – コラムニスト連載

  1. kofukuron20
  2. vintage-meet-015
  3. jick05
  4. kofukuron19top
  5. thisisnewyork06-top
PAGE TOP