FASHION

新セレクトショップ「BLOOM&BRANCH」が南青山にオープン、衣食住を”掘り下げる”大人へ”和洋折衷”提案



新セレクトショップ「BLOOM&BRANCH(ブルーム&ブランチ)」が、南青山・骨董通りに3月1日オープン。

ルーツを掘り下げ、伝統とそこからの革新を求め、日本人が本来備え持つ”美”の感覚を大事にする、という思いから誕生した「BLOOM&BRANCH」は、 “和洋折衷”を根幹に置き、衣・食・住に対しての掘り下げを惜しまない、30代をコアターゲットに高感度な大人の男女に向けた新セレクトショップです。

ブランドディレクターは、セレクトショップのプレスを経て現在フリープランナーとして活動する柿本陽平が務め、アメリカ、フランス、イギリスを背景としたトラディショナルスタイル、職人、手仕事、民藝、ビンテージ、アンティークなど”次の世代に残したいと思える本物”を独自の視点で世界中から切り取り、提案します。

メンズ・レディス比率は5:5、アパレル・小物と生活雑貨は7:3で構成。メンズは、「KENNETH FIELD(ケネス フィールド)」「Porter Classic(ポーター クラシック)」「COMOLI(コモリ)」「GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS(ガーメント リプロダクション オブ ワーカーズ)」「S.E.H KELLY(エスイーエイチケリー)」など、レディスは「ALASDAIR(アラスデア)」「Sara Lanzi(サラ ランツィ))」「m’s Braque(エムズブラック)」「niuhans(ニュアンス)」など、特に素材に重きを置いた玄人好みなブランドを中心にセレクトするほか、3つのハウスブランド「Phlannel(フランネル)」、「Phlannel Man(フランネル マン)」、「SOSO Phlannel(ソソ フランネル)」を展開し、津村 優、尾崎 雄飛、RIEの3名がデザイナーとしてそれぞれ参画しています。

NAISSANCE-bloomandbranch.pngオープン限定・別注アイテム「NAISSANCE × BLOOM&BRANCH」のステンカラーコート ¥54,000(税別)
KIJIMATAKAYUKI-bloomandbranch.JPGオープン限定・別注アイテム「KIJIMA TAKAYUKI × BLOOM&BRANCH」のニットベレー ¥10,000(税別)

生活雑貨では海外ブランドに加えて、益子焼「浜田窯」や北海道「山田雅子」、読谷村・北窯「與那原正守」など各地の器を中心に、「江戸家」の洋服刷子、「中津箒」のトモエ箒など日本の伝統の技を継承する手仕事ものを積極的に打ち出しているのが特徴といえます。

YONAHARAMASAMORI-bloomandbranch.JPGオープン限定・別注アイテム「與那原正守(よなはらまさもり)」のベルシャンプルーマグ  ¥4,000(税別)

さらには、三軒茶屋のスペシャルティコーヒー専門店「OBSCURA COFFEE ROASTERS(オブスキュラ コーヒー ロースターズ)」のプロデュースによる新感覚の珈琲店「COBI COFFEE(コビコーヒー)」を店舗内に併設。テイクアウトだけでなく、ネルドリップでの抽出やその所作を見せる喫茶スタイルを継承する店内では、”日々の果子屋”として伝統的な和菓子を現代の暮らしに合わせて提案する「HIGASHIYA(ヒガシヤ)」の羊羹、カステラと合わせて五感で堪能できるイートインスペースも展開します。

また、靴磨き職人の長谷川裕也が主宰する「Brift H(ブリフトアッシュ)」によるショップインショップとして、シューシャインバー「THE BAR by Brift H」も併設し、”靴との対話”によるトータルケアを提案。これらの店舗内装はすべて、”現代における日本の文化創造”というコンセプトのもと、建築、インテリア、プロダクトデザインなどを手がける「SIMPLICITY(シンプリシティ)」による空間プロデュースとなっています。

bloomandbranch_logo.png「BLOOM&BRANCH」ロゴ

柿本ディレクターは、「低価格競争の時代に入り機械的で均一化していくファッションの流れを肌で感じ、全く正反対の部分に興味が出てきました。非効率でも、純粋に良いものを産み出すことに没頭している方々の商品を僕は提案していきたいですし、人の手から伝わる温度感や、所作を目の前に魅了されてしまう小さな感動をお客様にお届けする場を設けたいと思いアイデアを膨らませています。トレンドを意識しない訳ではないですがどちらかと言うとファッション好きの方々より、単体の服に対して心を動かされたり、素材や背景など掘り下げてしまう物好きの方には共感して頂ける構成だと思います。和を洋的に見せるバランス感には拘っていますが、日本人らしい感覚はこの店の最も大事にしているところです。永く愛せるものが集まった、永く愛される店にしていきたいですね。」と新ショップにかける熱き想いをコメントしています。

ある種パッケージ化されたライフスタイルショップが隆盛する昨今、それだけでは既にもの足りない高感度な大人層にとっての新たな受け皿となる、新価値提案型セレクトショップの誕生に期待がかかります。

BLOOM&BRANCH AOYAMA

  • 住所:東京都港区南青山5-10-5 第一九曜ビル101
  • TEL:03-6892-2014
  • 03-6427-3976(COBI COFFEE)
  • 営業時間:11:00~20:00
  • *THE BAR by Brift H:12:00~20:00
  • *COBI COFFEE:8:00~20:00
  • 定休日:無休
  • 公式サイト

関連記事

  1. ralphscoffee ラルフ ローレンのカフェ「ラルフズ コーヒー」日本初上陸。表参道…
  2. avex-transit_1 エイベックス本社ビル移転で新社屋へ。トランジットジェネラルオフィ…
  3. nikekickslounge-omotesando_1 日本初出店、表参道に「ナイキ キックス ラウンジ 」オープン…
  4. mahnamahna01 レンタルドレスの「マナマナプラス」が東京・表参道に拡大移転オープ…
  5. oastsand08 表参道に「トーストサンドイッチバンブー」オープン。鉄板で焼く“こ…
  6. okuyamayoshiyuki 奥山由之写真展「君の住む街」表参道ヒルズで開催。吉岡里帆、小松菜…
  7. fratelliparadiso シドニー発イタリアンダイニング「フラテリ パラディソ」表参道…
  8. OLYMPUS DIGITAL CAMERA スペイン発デザイナーズパティスリー「ブボ バルセ…

新着記事

  1. starwarsdisney-1
  2. patagonia-wornwear
  3. cucinova-5
  4. chanel-chance-eau-tendre-event_12
  5. beams-cowsoap

FEATURE – 特集

  1. moltonbrown-2018xmas_top
  2. huntingworld-renatakeshita
  3. sharegreenminamiaoyama-open
  4. balmuda-thelight_4
  5. stressless-hoshino

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-024
  2. vintage-meet-023_top
  3. vintagemeet022_1
PAGE TOP