FEATURE

【FEEL-GOOD GOODS!】「ボーコンセプト」のコーヒーテーブル。



boconcept-coffeetable01

その日の気分でシングルオリジン、ブレンドと豆を選び、こだわりの器具を使ってスペシャルティーコーヒーを自宅で淹れる。そんなコーヒーカルチャーがライフスタイルとして定着した昨今。実は、意外と難しいのがそれを置く、コーヒーテーブルでは?

そんなあなたに、デンマークのインテリアブランド「ボーコンセプト(BoConcept)」の新作コーヒーテーブルをご紹介したい。

まず、北欧らしいデザインの新作「ボーンホルム(Bornholm)」は、オーク、マットアッシュグレー、ホワイトマーブルラミネート、ブラウニッシュマーブルラミネートの4色の天板、オーク、マットアッシュグレーの2色のレッグを組み合わせができるコーヒーテーブル。特にオークやマーブル仕上げの素材は、今年ボーコンセプトが提案する2つのスタイル、「都会の洗練されたスタイル」と「北欧のスタイル」のどちらにもマッチする。しかも、2万円台からの手が届きやすい価格もうれしい。サイズ違いの2つを組み合わせるのもありだ。

boconcept-coffeetable02

もう一つは、トレンドの素材を使った「ビルバオ(BILBAO)」。曲線のあるコンクリートのベースと滑らかなブラウンガラスの天板による独特のデザインが印象的な新作。これだけで、リビングのアクセントになるし、写真のようにサイズ違いをペアで組み合わせるとよりおしゃれに使えそうだ。

boconcept-coffeetable03

boconcept-coffeetable04

Bilbao コーヒーテーブル [左]109,900円 [右]82,900円(共に税込)

 

なお、ボーコンセプトのコーヒーテーブルは、サイズや色などのオプションの中からカスタマイズ可能だから、部屋の広さに合ったテーブルが見つかる。これなら、コーヒーを楽しむ毎日をよりFEEL-GOODにアップデートしてくれそうだ。

公式サイト

関連記事

  1. btp-1 「バルミューダ ザ・トースター プロ」が発売。仕上げ焼き専…
  2. mbg63-1 メルセデス・ベンツ公認「G63」スピーカーに新色マットブラックが…
  3. a-p-c-quilts21-main A.P.C.キルトプロジェクト「QUILTS」第21弾が発表。ア…
  4. balmudasim-4 「バルミューダ フォン」SIMフリーモデルを価格改定。利便性を追…
  5. 01_tokyo_modernism_web 「ライフ イン アート トウキョウ モダニズム 2022」が都内…
  6. unito-1 住んだ分の家賃で暮らせる部屋「ユニット」が、難波と赤坂に物件を販…
  7. bmmill-3 バルミューダの「コーヒーミル」が発売。均一な挽き目で、豆のおいし…
  8. blmphone-1 バルミューダ初の5Gスマートフォン「バルミューダ フォン」が発売…

新着記事

  1. brandnewgate-13
  2. KURKKU-5
  3. amanmoriniwa-3
  4. onkatsu-1
  5. HYPEGOLF-3

FEATURE – 特集

  1. moments
  2. madred-1
  3. renomaparis20ss
  4. stressless-temiyage-top
  5. stressless-chair

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. HYPEGOLF-3
  2. vintage-meet-025
  3. vintage-meet-024
PAGE TOP