CULTURE

「草間彌生 わが永遠の魂」展が国立新美術館で開催。“世界のKUSAMA”過去最大級の個展が来春実現



kusamayayoi-eternal

草間彌生の大回顧展「わが永遠の魂」が、2017年2月22日から5月22日まで、東京・六本木の国立新美術館で開催される。世界を舞台に活躍し続ける前衛芸術家、草間彌生の個展としては過去最大規模、会場の国立新美術館は全館をくまなく使い、草間作品で埋め尽くされることとなる。

9月27日、報道陣の前に姿を現した草間彌生は、開催への感謝とともに「私の人生は芸術によって磨かれました。そしてこれから一層、死に向かって新しい芸術を開拓するために死にものぐるいで闘っています」と、渾身のメッセージを伝えた。『TIME』誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」に日本人でただ一人選ばれた世界のKUSAMAは、10歳の頃より水玉と網目模様をモチーフに絵を描き始め、1950年代後半には単身渡米。絵画、彫刻、インスタレーション、映像、さらに小説や詩に至るまで、あらゆる方法を使い、圧倒的な量と質で「芸術」を体現してきた。

現在88歳の彼女の人生は、いつも病と隣り合わせだった。幼少期からの重い強迫神経症、周囲に理解されない孤独、高齢となり視力もだいぶ弱まっているという。それでも彼女は、まっすぐに、スピードを緩めることなく芸術の最前線を走り続ける。「私が死んだ後も、私の創造への意欲と芸術への希望、私の情熱を感じていただけたら、これに勝る喜びはありません。みなさんの精神的な悩み、人生の苦しみがあった時に、私の生きてきた道を見つけてくれたら本当に嬉しいです」と、涙ながらにコメントした。

テートモダン、ポンピドゥ・センターなど名だたる美術館で回顧展を成功させ、中南米やアジア、北欧でも大規模な個展を行ってきた草間彌生の作品群が、ついに東京で一同に会する。国内初公開となる大作「わが永遠の魂」約130点を中心に据え、初期から現在までの軌跡を巡る。屋外には「水玉ガーデン」が出現し、草間芸術の醍醐味「ミラールーム」も展示される予定だ。

【展覧会情報】
「草間彌生 わが永遠の魂」
場所:国立新美術館 企画展示室 1E
会期:2017年2月22日~5月22日
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1,600円 大学生1,200円 高校生800円
休館日:火曜日(5月2日は開館)


[元記事:17年「草間彌生 わが永遠の魂」展が開催。芸術に明け暮れる“世界のKUSAMA”最大級の個展が東京で実現]

fashion_headline_2.png

関連記事

  1. gordon-matta-clark-beams ビームス、アジア初「ゴードン・マッタ=クラーク展」とコラ…
  2. kusamayayoi-miyakoodori_1 京都・祇園で草間彌生の作品と芸妓・舞妓が共演「都をどり特別展」開…
  3. natsuyamaguchi_top 【インタビュー】書道の魅力をイラストに。ファッション業界でいま最…
  4. kusamayayoi-museum2 草間彌生美術館、開館記念展の全貌公開。新作シリーズ「わが永遠の魂…
  5. kusamayayoi-museum 草間彌生美術館、10月早稲田に開館へ。こけら落とし展は最新シリー…
  6. kusamayayoi-kyoto 京都・祇園で草間彌生展が開催中。フォーエバー現代美術館のオープニ…
  7. lifeishard 片山正通の膨大なコレクション「片山正通的百科全書」が東京オペラシ…
  8. kusama2017 草間彌生のエネルギーに触れる大回顧展「わが永遠の魂」、国立新美術…

新着記事

  1. beams-roppongihills
  2. cartier-conviniopen
  3. millerharris-roomdiffuser_1
  4. ninaricciparfums-bellesdenina
  5. adidas_originals_by_dragonballz_top

FEATURE – 特集

  1. balmuda-thelight_4
  2. stressless-hoshino
  3. shibuyabridge-outline
  4. shibuyastream-outline
  5. ekornes-torigoe-itop

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-024
  2. vintage-meet-023_top
  3. vintagemeet022_1
PAGE TOP