CULTURE

「アスリート展」開催。アスリートの世界をデザインの視点から体感できる展覧会



athleteten

21_21 DESIGN SIGHTが、企画展「アスリート展」を開催中。会期は、2月17日から6月4日まで。

アスリート展は、元陸上競技選手の為末大、デザインエンジニアの緒方壽人と 研究者/映像作家の菅 俊一との3名を展覧会ディレクターに迎え、アシックス、アメア スポーツ ジャパン、ゴールドウインなどのスポーツブランドやテクノロジーに関わる企業をはじめ、様々な分野で活躍するクリエイター、団体、機関と協働する。

会場では、アスリートの躍動する身体を映像や写真で紹介するほか、体感型の展示を通して、身体や心理をコントロールする知覚、戦術における情報解析、身体拡張を支えるスポーツギアなど、アスリートをかたちづくる様々な側面をデザインの視点から紐解いていく。

トップアスリートの経験を踏まえ様々な活動を行う、為末大は、「私にとってアスリートでいるということ、行為を行い極めるということでした。行為は自発的なものもありますが、相手選手に合わせたり、風や地面に合わせたりと、環境に対応することもあります。普段何気なく踏み出している足や、コップを掴む腕、ぼんやりとブラウザを眺めている目の延長にアスリートはいます。ある行為を極めていくことで、感覚が鋭敏になり、知らなかった自分に出会えるようになり ます。アスリートがいる世界は全く違う世界ではありませんが、少しだけ細かなことに気がつく世界です。アスリート性は誰にでもありますが、手に入れるのに時間と労力がかかります。『アスリート展』でそれをのぞいてみませんか。」とコメントする。

なお、会期中はアスリートやクリエイターが登壇するトークショーやワークショップを開催するほか、今回のためにデザインされた、架空のスポーツブランド「ハードラー(HURDLER)」のオリジナルグッズも販売される。

2020年の東京五輪に向け、より高まりをみせるスポーツムード。そのアスリートの世界をデザインの視点から体感できる、史上初の展覧会といえそうだ。

「アスリート展」開催概要

  • 会期:2017年2月17日(金)〜6月4日(日)
  • 休館日:火曜日(5月2日􏰂特別開館)
  • 開館時間:10:00〜19:00(入場􏰂18:30まで)
  • 入場料:一般 1,100 円、大学生 800 円、高校生 500 円、中学生以下無料
  • 会場:21_21 DESIGN SIGHT(ギャラリー1、2)
  • 住所:東京都港区赤坂 9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
  • TEL:03-3475-2121
  • 主催:21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
  • 後援:文化庁、スポーツ庁、経済産業省、港区教育委員会
  • 協力:アシックススポーツ工学研究所、キヤノン株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、ゲッティイメージズジャパン株式会社、 独立行政法人日本スポーツ振興センター国立スポーツ科学センター
  • 21_21 DESIGN SIGHT ディレクター:三宅一生、佐藤 卓、深澤直人
  • 同アソシエイトディレクター:川上典李子

関連記事

  1. banksy-top 「バンクシー展 天才か反逆者か」が日本初上陸。過去最大級規模の作…
  2. yoshidayuni-dinalog_1 アートディレクター吉田ユニの個展「Dinalog」が5年ぶりにラ…
  3. stressless-museum 【コラム】人生で一度は訪れたい、ストレスレスになれる日本の美術館…
  4. kawsholidayevent-6 ローラ、香取慎吾、水原希子らが来場。カウズの巨大アートプロジェク…
  5. kaws-4 カウズの巨大アートプロジェクト「カウズ:ホリデイ」が日本初上陸。…
  6. gshock_fan_festa G-SHOCKがミックススポーツイベントを開催。スポル品川大井町…
  7. tnf-ontheroad1 ザ・ノース・フェイス的ランニングの解釈。若手俳優 太賀を起用した…
  8. goldwin-marunouchi 「ゴールドウイン」初の直営旗艦店が丸の内・二重橋スクエアにオープ…

新着記事

  1. koki-kimuratakuya-birthday-top
  2. stylevoice-1
  3. kumac-1
  4. pradaforadidas
  5. stressless-wine

FEATURE – 特集

  1. stressless-wine
  2. shibuya-scramble-square
  3. stressless-museum
  4. jpressandsons-aoyama
  5. knapford

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP