LIFESTYLE

一度はフレグランス業界から消えた、伝説のフレグランスメゾン「ル ガリオン」が復刻、日本上陸へ



legalion

フランスのフレグランスメゾン「ル ガリオン(LE GALION)」は、ナポレオン一世の義理の兄弟であり、ナポリ王であったジョアシャン ミュラの子孫、プリンス ミュラによって1930年に創業された。

1935年、当時才能を発揮していた調香師ポール・ヴァシェールが、オーナーに就任。ヴァシェールは、25歳の時に、マルセル・ゲランと共に仕事をし始め、ランバンに入社した。1927年の「アルページュ」や「スキャンダル」などに携わり、成功を収めている。

ポール・ヴァシェールは、自身のメゾンとしても数々の名作を創り出し、マリリン・モンローら数々のセレブリティにも愛されるブランドへと成長したが、1975年に急逝。長女がメゾンを受け継ぐこととなったが、1980年にはアメリカのグループ企業に売却され、低価格化戦略で、フランスとフレグランスのイメージ、ブランドのエレガンスと品質のイメージが失われてしまう。

それから30年以上の時が経ち、2014年、新オーナーとして就任した、ニコラ・シャボの手により、不死鳥のように甦った。オリジナリティーに溢れ、燃えるようでいて、ほのかなフレグランス、希少性が高くラグジュアリーな洗練されたクリエーションが戻ったのである。

legalion_2メゾンのアイコニックなフレグランス「ソルティレージュ」。

ポール・ヴァシェールが、名香「ミス・ディオール」を発表し、調香師としての地位を確立した頃の作品である。1930年代のニューヨークの有名な、ストーク・ジャズクラブのシグネチャーフレグランスであった同作は、フローラル アルデヒドからなる、ストーリー性に溢れた、魅惑的なフレグランス。80種類以上の天然香料からなる香りは、ホワイトフローラルと、イランイランのソフトなブレンドから、エジプトのジャスミン、デリケートなミモザのノートがナルシスの香りに包まれ、ローズやイリスの華やかな香りが胸を高鳴らせる。ラストは濃厚なアンバーノートに、サンダルウッドとベチバーが香り立つ、伝説的なフレグランス。

legalion_1レディスフレグランス、「スノッブ」。

1950年代のファッションモデル達は冷たく、固い表情をし、傲慢でスノビッシュな雰囲気を漂わせていた。マンハッタンのスカイラインや、エッフェル塔をバックに、黒を纏うモデルが特徴的で、ニュー・ルックの影響によりトレンドとされていた時代である。ツインセット、パール、ハイヒールが好まれ、当時の映画は、上流階級への憧れを反映する。そんな背景に合わせて、ポール・ヴァシェールはフルーティでスパイシーなフローラルブーケ「スノッブ」を作り上げた。強いパーソナリティが感じられる香りは、ホワイトフラワーのブーケにローズが加わり、官能的なノートが生み出される。サフランがスパイシーさを加え、貴重なウッドノートがほのかに主張する。サンダルウッドとシダーウッドの後ろからはホワイトムスクがやわらかく香る。

legalion_3コロン「ホィップ」

1953年、オードリー・ヘップバーンが「ローマの休日」でスターになった頃に、ル ガリオンは「ホィップ」を作り上げた。フレッシュで若々しく、当時のオリジナルに忠実に、コロン独特の爽やかさとトーンを守り、男女ともにまとえるフレグランス。クラシックでフレッシュなシトラスノートを演出しながらも、モダニティも合わせ持つ。トップノートのシトラスから、タラゴン、ラベンダー、カルダモンがアロマティックノートを加え、ミドルでは、ジャスミン、バイオレット、かすかに香るイリスを中心としたフローラルに、ガルバナムの力強いウッディノートがアクセントになっている。ベースノートはオークモス、パチョリ、ベチバーのグラスオイルによって柔らかさと温かみが交わり、レザーノートが個性を引き立たせる。

legalion_5ユニセックスのフレグランス「222」

洗練されたエレガントなボトルは、オリジナルボトルのピュアで幾何学的な形と、創業時のアール・デコ時代からインスピレーションを得た、タイムレスなデザインになっている。黒のシンプルなキャップは、ガラスのボトルと完璧なコントラストを描き、エレガンスを表現している。

当時のフォーミュラを現代に蘇らせたメゾンフレグランス。フェミニン、マスキュリン、コロン、ユニセックス、ソリフローレスのカテゴリーに分けられた15種類の香りが楽しめるようになっている。

今回紹介した香りは、ほんの一部であり、よりメゾンのエスプリを感じられるよう、是非実際に香りを体験することをおすすめしたい。

legalion_6

価格は、各100ml 18,500円(税抜)。7月21日より、阪急梅田本店で販売中だ。

問い合わせ/インターモード川辺 フレグランス本部 0120-000-599

[元記事:一度はフレグランス業界から消えた、伝説のフレグランスメゾン「ル ガリオン」が復刻を遂げ、日本に上陸。]

scentpedialogo

関連記事

  1. gucciatsumori-1 グッチの人気フレグランスの島へ遊びに行ける「GG アイランド」が…
  2. Laëtirais-1 久間田琳加がプロデュースするボディケアブランド「レティレーズ」…
  3. manucurist-3 パリ初・ヴィーガンネイルブランド「マニキュリスト」国内初店舗が、…
  4. ekatonew-1 新スキン・ボディケアブランド「エカト」がローンチ。第一弾商品は、…
  5. buly-nb1104 ビュリーから、世界最古の天然チューイングガム「キオス・マスティハ…
  6. bullyaoyama-3 「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」が新路面店を青山骨董通…
  7. chanel-onlinelesson シャネル、リモートでメイク指導「オンライン ビューティ コーチン…
  8. denis-miyashitapark メンズグルーミングブランド、デニスがミヤシタパークに出店。ブリー…

新着記事

  1. gucciatsumori-1
  2. OAKLEYCU-main
  3. DBOX creates strategy, design and content for the marketing of landmark properties around the globe. From our studios in London, Miami and New York, we work in close collaboration with many of the world's leading developers, investors and architects. Through the careful combination of craft and technology, we generate non-formulaic brands and experiences that are engaging, memorable and effective. A selection of our award-winning work can be seen at: www.dbox.com

DBOX’s work has been recognised by organisations including the Academy of Television Arts 
& Sciences (Emmy® Awards), Communication Arts, The Art Directors Club, World Luxury Award, American Design Awards, and The International Property Awards, and has been exhibited at 
The Museum of Modern Art, The Museum of Contemporary Art in Tokyo, The Art Institute of Chicago and The Museum of Contemporary Art in Los Angeles.
  4. zoffniji-1
  5. Laëtirais-1

FEATURE – 特集

  1. renomaparis20ss
  2. stressless-temiyage-top
  3. stressless-chair
  4. stressless-wine
  5. shibuya-scramble-square

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP