LIFESTYLE

ライカ初のスマートフォン「ライツフォン ワン」がソフトバンクから登場。1インチセンサーを搭載したアイコニックなデザイン



LEITZ PHONE-5

ライカ初のスマートフォン「ライツフォン ワン(Leitz Phone 1)」が、ソフトバンクから登場。7月以降の発売に先駆け、6月18日より予約受付が開始した。

最高品質の技術革新を追求し完成した同スマートフォンは、写真の本質「Das Wesentliche」への専心に加え、妥協のない品質、デザイン性の高さ、卓越した画質に対するライカの情熱が詰まった、初のスマートフォン。(187,920円 税込)

スマートフォンとしては最大級となる1インチの高性能20.2メガピクセルのイメージセンサーと、高い処理性能を持つ最新のCPU「Qualcomm® Snapdragon™ 888 5G mobile platform」を搭載。F1.9の明るいレンズと最大6倍のデジタルズームを組み合わせたレンズ技術により、RAWおよびJPEG形式で、大判サイズでプリントしても高品質で、ディテールも忠実に鮮やかに写し出すのが特徴だ。

撮影された画像は、同社が培った高い光学性能と画像ソフトウェア技術により、ライカのイメージクオリティを反映。また、スマートフォンでの写真撮影における新しいスタンダードとなるべく、カメラのアプリケーションに「ライツ ルックス (Leitz Looks)」モードを開発。ライカMのモノクローム描写を基に開発したこのモードでは、ライカならではの美しいモノクローム画像を実現。さらに世界観を感じられるライカのオリジナルウィジェット「LFI.Widge」がプリインストールされている。「LFI.Widget」は、世界中のライカフォトグラファーのためのプラットフォームである「LFIギャラリー(Leica Fotografie International Gallery)」からのベストショットが表示される。

デザインは、ドイツのミュンヘンにある同社デザインスタジオによって生み出され、カメラと同様に本当に必要な要素だけを取り入れるという、ライカの哲学が余すことなく活かされている。シンプルで使いやすい直感的な操作性に加えて、外装のデザインにも新しいスタンダードを目指した。カラーは、ライカシルバーの一色展開。複層ガラスに包まれたアルミニウム製で、マットブラックのゴリラガラスの背面には3Dのロゴがシームレスに埋め込まれている。アルミフレームの縁に施している細やかな刻みなど、洗練されたディテールのデザインは、同社が誇る高度な技術的精度と細部へのこだわりにより実現し、機能美と触感性を追求した。

LEITZ PHONE-6

アクセサリーには、レンズキャップとシリコン製のケースが同梱。機能的かつ感性的なライカのデザイン哲学のもと作られた、革新的なマグネット式のレンズキャップは、他とは一線を画す外観を醸し出している。フォーマルなデザインと高級感のあるシリコン製のケースは、すべてのライカ製品に共通する高級感と洗練された美しさを表現。

ライカカメラの社主であるアンドレアス・カウフマン氏は、以下のようにコメントする。
「技術的イノベーションの追求は、長い間確立されたライカの伝統の一環となってきました。スマートフォンは写真を非常に価値ある存在にしてくれました。今日ほど多くの写真が撮影されている時代はなく、毎日膨大な量の写真が世界中でシェアされています。ライカにとって、独自のスマートフォンの発表は、技術と未来の市場を見据えた、論理的な次のステップです。「ライツフォン ワン」によって、ライカの歴史とスマートフォンの写真の歴史の両方において、ライカが金字塔を打ちたてることができたことが大変感慨深く、誇りに思っています。」

関連記事

  1. galaxy-note8 【特集】インスタ映えする写真3つのテクニックとは?─ iPhon…
  2. iphone7 アップル「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を9月…

新着記事

  1. citen-2
  2. nikesacai-3
  3. zarahomep-3
  4. SBJ_SUM2_BBP_0322+
  5. parkp-4

FEATURE – 特集

  1. renomaparis20ss
  2. stressless-temiyage-top
  3. stressless-chair
  4. stressless-wine
  5. shibuya-scramble-square

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP