FASHION

大屋夏南による新ブランド「エンサークル」が始動。ありのままに自由にいるための、心地良さを追求



ENCIRCLE-main

モデルでコラムニストの大屋夏南がクリエイティブディレクターを務める新ブランド「エンサークル(ENCIRCLE)」が始動。7月30日より先行受注展示会を開催、8月2日より公式ホームページにて発売を開始する。

ENCIRCLE-4

「ありのままに自由にいるため」をテーマに発信を行う大屋夏南のライフスタイルからインスピレーションされた、「心地良さ」をコンセプト軸とした同ブランドのファーストコレクションでは、いつものワードローブに欠かせないアイテムに、こだわりを込めて展開。透けない生地の肉感やネックの広さ・肩紐の程よい華奢さにこだわったタンクトップを始め、沢山洗っても型崩れせず味が出る「クラシックT(Classic T)」、“愛をくれた人に恩返しできるように”の意を込めた「ラブレターT(Love letter T)」、適度な透け感・柔らかい生地感・薄いけど丈夫な生地を使ったヴィンテージ感あるクタクタ古着Tシャツを目指した 「エブリデイT(Everyday T)」などがラインナップ。いずれのアイテムも、丸胴を採用することで、縫製工程・生地ロスを通常のカットソーより少なくし、脇に縫い目がないため見た目のすっきりしたシルエットと、体に馴染む着心地が実現した。

ENCIRCLE-3
ENCIRCLE-2

その他、日本に数台しか残っていない特殊な機械を用い、永きに渡って愛用できるスウェットシャツは、表糸にオーガニックコットンを使用、水を極力使用しない染色方法を採用。ウエストラインの美しさが魅力のスラックス、古着のようなオールドスクールの中に、どこかモダンでシンプルな素敵さを目指したボアジャケットの他、ボリューム感を残しつつも、シンプルにこだわった大人が着れるエコダウンなどは、使用済みのペットボトルを回収し作るリサイクルポリエステル糸を使用しており、着心地だけでなく、環境にも優しいサステナブルなアイテムに仕上がった。さらに限定アイテムとして、カシミヤ100パーセントの古着のニットを粉砕し、独自の紡績技術を使い再度糸に紡績し直したリサイクルカシミアニットを、各色30枚限定で展開する。

7月30日、31日には展示会を東京・中目黒センターにて開催。なお、会場では8月1日の発売に先駆け、先行受注を開始する。

ENCIRCLE 展示会「FIRST COLLECTION」概要
開催日 :2022年7月30日(土)〜8月1日(月)
開催時間:12:00〜(最終入場は18:30)
場所 :Nakameguro Center / 中目黒センター(東急東横線・日比谷線「中目黒」駅 徒歩5分)
住所 :東京都目黒区青葉台1-30-10 3階

関連記事

  1. nave-1 オンワード樫山のプラットフォーム型・新ブランド「ネイヴ」が来春デ…
  2. bonne-1 ジュエリーブランド「ボーニー」がデビュー。オープンマインドな精神…
  3. htc-15 カンタベリーの新レーベル「ハーフテン カンタベリー」がローン…
  4. toua-7 ユナイテッドアローズから、ヨガウェアが軸の新レーベル「トゥー ユ…
  5. cpd-main 「クープロンド」がローンチ。ヨーロッパブランドのクオリティ素材を…
  6. citen-2 ユナイテッドアローズの新ブランド「シテン」先行予約会がオンライン…
  7. honeyfitz-3 熊谷隆志ディレクション、サーフィンとゴルフを楽しむブランド「ハニ…
  8. calnamur-main 藤田ニコルがディレクションする新ブランド 「カルナムール…

新着記事

  1. twiceelle-main
  2. mirei-1
  3. maxmara-1
  4. comnw-1
  5. shein-1

FEATURE – 特集

  1. moments
  2. madred-1
  3. renomaparis20ss
  4. stressless-temiyage-top
  5. stressless-chair

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. HYPEGOLF-3
  2. vintage-meet-025
  3. vintage-meet-024
PAGE TOP