FASHION

エストネーション「ブランド初のショートムービー」本日公開、キム・ジェウク主演で”恋とコートをつなぐ”ストーリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


ブランド初となるショートムービー「COAT SHARED LOVE ~コートは恋の伝道師~」

「ESTNATION(エストネーション)」は、ブランド初となるショートムービー「COAT SHARED LOVE ~コートは恋の伝道師~」を本日11月1日(金)よりブランド公式サイトで公開。エピソード1、2を同時放映開始しています。

「COAT SHARED LOVE」は、”コート”を軸に織りなす、恋模様を描いたショートムービーで、「ESTNATION」のフィロソフィー”EMOTION(感動)、SOPHISTICATION(洗練)、TEMPTATION(誘惑)”を体現するものになっています。ストーリーの舞台は今年10周年を迎えた、エストネーション六本木ヒルズ店。出演キャストは”ロックなファッションフォトグラファー”にキム・ジェウク。”ミステリアスな魅力のファッションモデル”、”ロックアイコン的存在のファッションモデル”にそれぞれ黒田エイミ、宮本彩菜を起用。制作会社は株式会社ストイック、スタッフとして監督にHIRO KIMURA、カメラマンとして同じくHIRO KIMURAと川口賢典が参加しています。

ESTNATION_COATSHAREDLOVE02.jpg
ESTNATION_COATSHAREDLOVE03.jpg

ファッション・マーケティングにおいていま活用される手法のひとつである”ショートムービー”。ブランド初となる取り組みの背景には、ブランドのどんな狙いがあるのか、株式会社エストネーションのマーケティング室室長 本多史英さんに取材させて頂きました。

―ブランド初となるショートムービーの目的や期待することは?
「ショートムービーを通して、エストネーションの認知度はもちろんのこと、最終的にはコートへの関心・興味を煽ることを目的としています。これまで、エストネーションでは雑誌媒体を主体としたプロモーションが中心で、性・年齢・趣味嗜好・テイストといった、ある意味セグメントするという雑誌の媒体特性が適していましたが、従来のファン数以上に、圧倒的多数とも呼べるお客様の支持を得るためには新しいプロモーションが必要だと考えました。その背景の一つには、TVがメディアの頂点だった時代に陰りが生まれ、ネットがキープレイヤーの位置づけに変化しつつあるなか、ソーシャルメディアの台頭の注視があります。メディアからユーザーへの情報のトップダウンからフラットな情報のユーザー間の双方向性に支えられる時代に変化し、スマートフォンの普及はその後押しをしていると思います。今回のショートムービーは、単にモノにフォーカスしたストレートな販促ではなく、エストネーションでの購入へと繋がる”認知⇒ 興味・関心⇒ 共感”を圧倒的なスピードで世界中にも拡がる可能性を秘めたムービーで、エストネーションの世界観<Emotion(感動)、Sophistication(洗練)、Temptation(誘惑)>を発信し、”何かイイね!”と思われる空気感(=共感)が醸成されることを期待しています。その新しい共感の発生は新規顧客の獲得につながり、共感の醸成が既存顧客の来店・購入頻度の向上につながると考えています。」

―今回の出演キャストであるキム・ジェウク、黒田エイミ、宮本彩菜を起用した理由は?
「ただ有名なだけではなく、いつ起用するか、タイミングが非常に重要だと思います。いずれもまさに今からメジャーになろうとしている時期の旬なモデル(俳優・女優)であり、大きな話題性と共感を得ることができると思い、起用しましたが、その中でも特に主演であるキム・ジェウク氏は、除隊後初めての日本での仕事となることから最も大きな話題性を期待しました。」

―制作にあたってのこだわりや苦労した点は?
「エストネーション初のムービーであったため、やはり六本木ヒルズで最大級の規模を誇り、リニューアルしたばかりの六本木ヒルズ店で撮影をしたいと考えました。そのため、撮影は全て深夜から早朝にかけて行われ、主演の方々のスケジュール調整なども考えるとキャストは勿論、制作スタッフの皆さんも大変だったことと思います。また、LOVEとCOATを繋ぐストーリーというストレートなラブストーリーでは無かったため、全スタッフでストーリーの共有にはかなりの時間をかけました。その苦労が実ったか?まずは是非、皆様に見ていただきたいと思います。」

本日の公開に先立って10月18日(金)からは予告編、その後、日を追って出演者のインタビュー動画を公開。また、エピソード1に出演するキム・ジェウク、黒田エイミが着こなすコートカタログもWEB公開と店頭配布を同時にスタートし、”ショートムービー”をきっかけに新作コートのPRに繋げています。さらに本日より11月26日(火)まで、全店でアウターフェアを開催。ムービーやカタログの中心アイテムである、コートやダウンなど対象アウター購入者には、エストネーションメンバーズカードのポイントが3%ポイントUPする販促施策にも連動しています。

今年9月には”大人のライフスタイルスタンダード”をコンセプトにした大型リニューアルで、ライフスタイル提案を強化する「ESTNATION」六本木ヒルズ店。その店舗そのものをストーリーの舞台にし、冬の新作コートを軸にターゲットの共感を呼び起こす、ブランド独自のムービーを展開することで、新たな顧客の掘り起こしと既存顧客のロイヤル化を図る施策となっており、”ショートムービー”を活用したブランドマーケティングの新たなショーケースとして注目できます。

・「ESTNATION」 http://www.estnation.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. estnationginza ニコライ・バーグマンのフラワーショップ併設。エストネーション…
  2. kobebal01 商業施設「神戸 BAL」が来春、全館リニューアル。11月19日に…
  3. エストネーション二子玉川「アットホームなオープンイベント」開催、…

新着記事

  1. diorhomme-danwitz
  2. penhaligons-holiday17_1
  3. tiffany-homecollection
  4. jwanderson-uniqlo_1
  5. aesop-hwy

COLUMN – コラムニスト連載

  1. Processed with VSCO with c1 preset
  2. vintage-meet-016top
  3. kofukuron20
  4. vintage-meet-015
  5. jick05
PAGE TOP