FASHION

ビームス「リゾーム顧客分析システム導入」にみる、”顧客育成の新時代”



ビームスは、265万人の登録があるクラブ会員カード「BEAMS CLUB」および商品別売上の分析システムとして、リゾーム社が提供する「戦略会議シリーズ 顧客分析システム」を採用。これは、顧客情報と商品情報をつなぎ合わせ、様々な購買パターンや傾向を分析することができる、小売サービス業界向けパッケージです。

背景には、少子高齢化に伴う購買層の変化や競合の出店数増加などのマーケット課題への対策があります。その一つとして今回、あらためて既存顧客に注目し、来店頻度や購買リピート率などの購買行動を把握して顧客育成へ取り組むことを重視。このシステムを導入することで具体的には、自社EC「BEAMS Online Shop」をはじめとして、展開する他のモールECと全国リアル店舗の売上データを統合できるほか、商品と顧客を紐付けた分析が行え、顧客戦略だけでなく、商品戦略・販売戦略のトータルでデータを活用していきます。

顧客分析システム_集計画面_広報用.jpg

この分析システムは、集計データをボタンひとつで呼び出し、表やグラフで分かりやすく、かつスピーディーにアウトプットされるため、”既存顧客の年齢、時間帯、来店頻度、場所などの購買データとその商品はどういったパターンや傾向があり、それがどう売上に影響しているのか”が簡単に見ることができます。

ビームスとしては、このシステムの活用で様々なデータを様々な角度からクロス分析することで、ブランド関与度別の顧客へのマーケティング施策が可能になるため、「顧客の見える化」、「顧客に合わせた施策」、「効果検証」のサイクルの繰り返しが実現し、顧客生涯価値(LTV・ライフタイムバリュー)の向上が期待できます。

リゾームは、流通業向けソフトウェア・パッケージの企画開発・販売する企業で百貨店・ショッピングセンター・専門店などの流通・小売業界を中心に事業を展開。約10年前からこの分析システムを、改良を重ねながら企業ごとにカスタマイズし提供しており、「ルミネ」や「アトレ」「表参道ヒルズ」「丸の内オアゾ」、関西では「くずはモール」や「なんばパークス」などが採用。特に全国に約3,100あるSC業界において約500SCで採用されており、この分野ではシェアNo.1となっています。

今回のビームス導入を機に、今後はファッション専門店への導入を提案していく考えです。一方で、このようなビッグデータ時代の到来で、データとシステムを活用できる人材育成と企業としてのリテラシー向上がファッション業界全体にさらに求められています。

・リゾーム戦略会議シリーズ「顧客分析システム」 http://www.rhizome-e.com/products/cas.html

関連記事

  1. GIRLB-16 「レイ ビームス」が2年ぶりに “GIRL B”のイベントを開催…
  2. beat-1 軽井沢に滞在型施設「バーク」が開業。表現者・企業・個人へ向けたベ…
  3. sm22aw-3 「SHISEIDO MEN」2022 秋冬キャンペーンに、 SI…
  4. dainagoya2-1 ビームス ジャパン「大名古屋展2022」を7月開催。食・文化・芸…
  5. kodomobeamsk-1 「こども ビームス 軽井沢」がオープン。国内2店舗目となる、レー…
  6. beamsinter-1 「インターナショナルギャラリー ビームス」のウィメンズがリニュー…
  7. shiseido-men-2022ss-main 「SHISEIDO MEN」新ビジュアルに、佐野玲於、奥野瑛太、…
  8. beamsvr-1 ビームスが「バーチャルマーケット2021」に出店。コラボ商品の展…

新着記事

  1. ONEJILL_PR_221130
  2. amanxmas-1
  3. apcgolf-1
  4. andb-main
  5. lvkusama-1

FEATURE – 特集

  1. moments
  2. madred-1
  3. renomaparis20ss
  4. stressless-temiyage-top
  5. stressless-chair

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. HYPEGOLF-3
  2. vintage-meet-025
  3. vintage-meet-024
PAGE TOP