FASHION

ナイキ「AIR MAXの誕生日」で過去の名作スニーカーを振り返るムービー、お祝いイベントやSNSキャンペーンも展開



ナイキ(NIKE)は1987年に「AIR MAX 1」が発売された日にちなみ、3月26日を”AIR MAX DAY”に設定。過去の傑作を振り返ったムービー「TINKER’S DESK」をYouTubeで公開した。

この動画ではエアクッションをイメージさせるバブルとともに、空中に浮かんだシューズが、過去に登場したエアマックスシリーズへとダイナミックに姿を変えていく。それは、まるで時間が遡っているかのようで、最後には「AIR MAX 1」が空中へと姿を消し、そのデザイン画が机の上に残された。

この動画とともにナイキが振り返る、シリーズの傑作シューズは以下の通り。

シリーズのファーストモデルとなった「AIR MAX 1」では、ソールサイドを切り抜くことで、中のエアソールユニットを露出。クッション性における技術革新を、目に見える形で自己表現した。

これは、パリの異端的な建築物にインスピレーションを得たもので、デザイナーのティンカー・ハットフィールドは「パリのポンピドゥセンターは、本来外側にあるガラスの壁を内側に収めたような、まるで中身を外に返したような建物でした。そこで、あのビルで使われたテクノロジーを用いてエアを露出させたら、他に例を見ないようなシューズが作れるのではないかと思いついたのです」とコメントしている。

一方、大きなエアクッションと流れるようなフォルムが特徴的なのが、シリーズ3作目となる「AIR MAX 90」。パネルの角度や色の区切りで機能性を追求しながら、同時にランナーの心境を表現。インフラレッドと呼ばれる鮮やかな赤が、エアクッションの存在感を強調している。

その後は、「AIR MAX 180」でアウトソールからミッドソールまで、エアソールが180度露出。更に、「AIR MAX 93」ではビジブルエアが270度まで広がり、「AIR MAX 95」では二つのユニットを使用することで、前足部にもエアソールを露出させるなど、そのデザインを一層先鋭化させている。そして、「AIR MAX 97」を迎えるにあたり、シリーズ初となるフルレングス マックスエアが実現。続く、「AIR MAX 360」の登場によって、ビジブルエアの歴史と共に追及してきた、”エアの上を歩く”というシリーズの目標が達成された。

また、これらの歴史の中で、機能性シューズとしての「AIR MAX」の性能も更なる進化を遂げている。それを象徴するのが「AIR MAX 2015」だ。優れた屈曲性と快適性は、13年にデビューした「AIR MAXクッショニング」を上回るもの。縫い目のない新メッシュアッパーは、フライワイヤーテクノロジーと連動し、足を包み込むようにフィットする。その上でシリーズ最大のエアソールが、弾みのあるライド感を生み、スムーズなランニングを実現させた。

[元記事:3月26日はナイキ「AIR MAX」の誕生日です、過去の傑作を振り返る新ムービー]
116320.jpg
116334.jpg
116324.jpg

 

fashion_headline_2.png

関連記事

  1. nikereact-4 怪我ゼロでランナーをサポート「ナイキ リアクト インフィニティ …
  2. nikerussel-2 ジョーダンブランドとファセッタズムのコラボ「ホワイノット?」がロ…
  3. nikeaccgholiday-1 「ナイキ ACG」サステナビリティと機能性を両立する最新コレクシ…
  4. nike-pegtrail2goretex2 ゴアテックス仕様の「ナイキ ペガサス トレイル 2」に新色ブラッ…
  5. nikesakai-1 「ナイキ × サカイ」のアウターコレクションが登場。ハイブリット…
  6. Nikeyoucantstopus-1 ナイキが「ユー キャント ストップ アス」キャンペーンムービー第…
  7. nikeacg-ao 水陸両用のナイキ ACG新作「エア ズーム アオ」登場
  8. nike-acg-air-deschutz ナイキACGの名作サンダル「ナイキ エア デシューツ」が復刻リリ…

新着記事

  1. adidasultra-1
  2. ww2-1
  3. fands-9
  4. muji-sakaikitahanada
  5. [#Beginning of Shooting Data Section]
画像サイズ:L (5568 x 3712), FX
2020/11/08 13:14:18.58
地域と日時:UTC+9, 夏時間の設定:しない
RAW (14-bit)
Nikon D5
レンズ:VR 70-200mm f/2.8E
焦点距離:72mm
フォーカスモード:AF-C
AFエリアモード:シングル
手ブレ補正:ON
AF微調節:しない
絞り値:f/4
シャッタースピード:1/6400秒
露出モード:マニュアル
露出補正:0段
露出調節:
測光モード:マルチパターン測光
ISO感度設定:ISO 200
フラッシュ名:
ホワイトバランス:色温度(5880K), 0, 0
色空間:Adobe RGB
高感度ノイズ低減:標準
長秒時ノイズ低減:しない
アクティブD-ライティング:しない
ヴィネットコントロール:しない
自動ゆがみ補正:しない
ピクチャーコントロール:[SD] スタンダード
ベース:[SD] スタンダード
クイック調整:-
輪郭強調:+1.00
明瞭度: 0.00
コントラスト:-1.00
明るさ: 0.00
色の濃さ(彩度):+1.00
色合い(色相):+1.00
フィルター効果:
調色:
仕上がり設定:
カラー設定:
階調補正:
色合い調整:
彩度設定:
輪郭強調:
緯度:
経度:
標高:
高度の基準:
方位:
UTC:
測地系:
[#End of Shooting Data Section]

FEATURE – 特集

  1. renomaparis20ss
  2. stressless-temiyage-top
  3. stressless-chair
  4. stressless-wine
  5. shibuya-scramble-square

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP