FASHION

ビームス、神戸市との協業プロジェクト「BEAMS EYE on KOBE」始動。地場産業とのコラボ商品やガイドブック発売



beamseye-kobe

ビームスが、2017年に開港150年を迎える神戸市との協業プロジェクト「BEAMS EYE on KOBE」を9月30日からスタート。神戸市の地場産業とのコラボ商品、ビームスならではの視点による神戸のガイドブックを製作し、販売する。

これは、“日本”を切り口に、ファッション、プロダクツ、カルチャー、飲食までを紹介するプロジェクト、BEAMS “TEAM JAPAN”の一環。ビームスを構築するディレクター陣が、その“目利き力”によって日本をブランディングする、いわばカルチャーショップとしての新しいビームスの姿だ。

本プロジェクトでは、神戸市の「衣・食・住・遊」をビームスが編集。神戸の地場産業とコラボレーションした商品企画では、真珠のジュエリー、「神戸ザック」のバックパック、「神戸風月堂」のゴーフルバッグをはじめ、お菓子やお酒、調味料などをピックアップ。そのものの良さを重んじながら、ビームスのアイデアを加えた限定商品が生まれた。

beamseye-kobe01

また、ガイドブックでは、関西エリアのビームススタッフや地元クリエイターの情報をもとに、日本を代表する港町・神戸を徹底取材。ファッション、食、文化、暮らしまで、幅広いカテゴリーから厳選した情報を一冊に収録している。9月30日から東京・新宿の「ビームス ジャパン」、神戸・三宮の「ビームス 神戸」にて先行発売後、10月7日から全国の書店で順次発売される。

beamseye-kobe02

「BEAMS EYE on KOBE」1,500円(税別) 発行元:ビームス / 発売元:スペースシャワーネットワーク

 

なお、9月30日から10月31日までビームス ジャパン1階に、今回の神戸地場産品コーナーが登場するほか、同・地下1階のレストラン「日光金谷ホテル クラフトグリル」では、神戸の日本酒を期間限定で展開。また、ビームス 神戸では同日より、一部をのぞく限定商品とガイドブックを10月10日までコーナー展開する。

ビームスだったら、日本をおしゃれに発信してくれる。ビームスだったら、日本人でさえも知らない、日本の魅力を教えてくれる。そんな期待感と安心感があるファッションのショップは、他に思い浮かばない。今回のそれは、今年で創業40周年を迎えたビームスだからこそ、なし得たプロジェクトであるに違いない。

公式サイト

関連記事

  1. beamsxjaxa-1 ビームスが野口宇宙飛行士の国際宇宙ステーション滞在ウエアを製作。…
  2. beamseyeon-cityguide_1 ビームス目線で日本各地の魅力を紹介するシティガイドブック、静岡・…
  3. mercedesbenz-bclass メルセデス・ベンツ「新型Bクラス」発売、“ハイ、メルセデス”で話…
  4. beamsplus20th ビームス プラス20周年、ドキュメンタリー動画「What is …
  5. beamsgreen-12 新宿のビームスジャパンで開催。苔や盆栽などグリーンインテリアの提…
  6. beams-cowsoap ビームスが牛乳石鹸とのコラボイベント「銭湯のススメ。」を開催。コ…
  7. beams-roppongihills-movie 【動画】ビームス、六本木ヒルズに出店でコンセプトムービー「自分の…
  8. beams-roppongihills ビームスが六本木ヒルズに今秋オープン。最大級の店舗面積と…

新着記事

  1. stressless-chair
  2. ddhotel-15
  3. labouche-1
  4. lb01
  5. totekomazawa-1

FEATURE – 特集

  1. stressless-chair
  2. stressless-wine
  3. shibuya-scramble-square
  4. stressless-museum
  5. jpressandsons-aoyama

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP