LIFESTYLE

「bills」が銀座にオープン。新コンセプトは、一日中楽しめる“オールデイダイニング”



billsg01

シドニー発「ビルズ(bills)」が10月1日、銀座二丁目交差点に新たに誕生した新商業施設「オークラハウス(Okura House)」内の最上階12階にオープンする。

今や世界的なフードトレンドとなっている「オーストラリアンフード」。そのパイオニアとして称される創業者、ビル・グレンジャーは、「ここで時間を過ごす人々が、まるで宝石箱の中にいるような気持ちになれるようなお店にしたい。宝石箱の中の宝石たちが、日の光やイブニングタイムの明かりに照らされてきらきら揺らめく、そんなイメージで店内をデザインしました。 」とコメント。国内7店舗目となるこちらの店舗は、銀座の街の雰囲気に合わせ、大理石やレザーを使い、他店舗とはまた違った上質な雰囲気の内装に仕上がっている。

billsg02

ⓒMikkel vang

billsg03

ⓒMikkel vang

billsg04

ⓒMikkel vang

billsg05

ⓒMikkel vang

ビルズ銀座は、”オールイダイニング”を謳っており、朝食からアフタヌーンティ、バータイムに合わせたメニューを展開。キヌアやケールなど12種類の野菜や穀物を使った「ブレクスファストサラダボウル」やフレッシュな野菜やフルーツを使った 「bills自家製スムージー」といった、ヘルシーかつパワーチャージできるヘルスコンシャスなメニューを用意。

また、銀座限定メニューとしては、ランチの「ロブスターリングイーネ」アフタヌーンティーの「billsハイティーセット」ディナーの「プライムフィレステーキ」など。銀座という街にありながらも、丁寧に淹れたコーヒーや焼き立てのベイクメニューといった気軽に立ち寄ることのできる使い方から、スペシャルなディナーまで、一日中心地よいひとときを提供してくれる。

billsg07

「ロブスターリングイーネ」2,000円(税別) ©Anson Smart

billsg08

「billsハイティーセット」2名 7,000円(税別) ©Anson Smart

billsg09

「プライムフィレステーキ」4,000円(税別) ©Anson Smart

同ビルは、カルティエが旗艦店としてリニューアル出店、近隣にはシャネルやブルガリ、ルイ・ヴィトンといったメゾンの路面店が立ち並ぶ、銀座の一等地だ。新コンセプトのビルズ銀座は、訪日外国人や会食のビジネスシーンなど、これまでとはまた違った使い方で新たなコミュニティに親しまれそうだ。

関連記事

  1. HYPEGOLF-3 「パシフィック ゴルフ クラブ × フェイス フォー ハイ…
  2. lpaman-1 オープン1周年記念「ラ・パティスリー by アマン東京」5種のケ…
  3. folkwood-1 トランジット初の直営キャンプ場「フォークウッド ビレッジ …
  4. bal2210-7 「京都バル」1階フロアを大規模リニューアル。京都エリア初出店の「…
  5. tutto-2 ヴィーガンジェラートブランド「トゥット」がローンチ。心と身体が喜…
  6. theupper-4 トランジットのフラッグシップレストラン「アッパー」が本格始動…
  7. gomato16 ごま油の「かどや製油」による初のカフェ「ゴマト(goma to)…
  8. dancyusyokudo-1 雑誌「dancyu」初プロデュースの食堂が、東京駅内にオープン。…

新着記事

  1. brandnewgate-13
  2. KURKKU-5
  3. amanmoriniwa-3
  4. onkatsu-1
  5. HYPEGOLF-3

FEATURE – 特集

  1. moments
  2. madred-1
  3. renomaparis20ss
  4. stressless-temiyage-top
  5. stressless-chair

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. HYPEGOLF-3
  2. vintage-meet-025
  3. vintage-meet-024
PAGE TOP