LIFESTYLE

「パタゴニア」の食品コレクションが日本に本格上陸。



patagonia-provisions1

「パタゴニア(Patagonia)」による新しい食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」が、国内での本格展開を開始した。

2011年に立ち上げた、パタゴニア プロビジョンズは、全てのコットン製品を100%オーガニックコットンに切り替えるなど、環境に配慮した製品づくりでも知られる同社による食品事業。現代の食品製造業が地球温暖化を助長する要因の一つと提唱し、アパレル同様に「ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」ことを目指す。

patagonia-provisions2

今秋展開されるのは、生息数が豊富な天然魚だけを捕獲して加工したスモークサーモンやオーガニック農場から調達した果物、アーモンド、シード、果汁のみを使用したエナジーバー、煎った4種のオーガニック穀類と乾燥オーガニック野菜入りのスープミックス。どれもパタゴニアスタッフ自身が食べたいと思う、気軽に携帯できる美味しい食品になっているとのこと。9月15日から、パタゴニア直営店、通信販売、オンラインショップですでに販売中だ。

patagonia-provisions4

ワイルド・ソッカイ・サーモン(オリジナル、レモンペッパー) 各1,280円、ワイルド・ピンク・サーモン 1,380円
フルーツ+アーモンド・バー(インカベリー、アプリコット、マンゴー)各1本290円/1箱(12本入り)3,190円
スープ3種(グリーン・レンティル、ブラック・ビーン、ツァンパ) 各680円(全て税別)

patagonia-provisions5

ミアー・グラウラー 1.9L 9,900円、ミアー・ハウラー 0.95L 7,200円、ミアー・フード・キャニスター473ml 5,500円、ミアー・ステンレススチール・ショーティ・パイント・カップ 1,500円(全て税別)

公式サイトでは、「よりシンプルな暮らしとは、貧しい暮らしのことではない。それはずっと豊かな暮らしだ。」という、イヴォン・シュイナードによるメッセージが印象的なムービーも展開中。

食を切り口とした新たなチャレンジに、パタゴニアというブランドに共感できる。

食べることは、生きること。私たち自身もいま一度食品の選び方を見つめ直すきっかけにもなりそうだ。

公式サイト

関連記事

  1. patagoniajapan-30th パタゴニア日本支社が設立30周年。国内全22店舗で「言葉よりも行…
  2. patagonia-wornwear パタゴニアがリユースとリサイクルを推奨する「Worn Wear …
  3. patagonia-nagoya 「パタゴニア 名古屋」リニューアルオープン。飛騨のブナ材使用のパ…
  4. thenorthface-geodome4 ザ・ノース・フェイスのジオデシックドームテント「Geodome …
  5. Yvon Chouinard at the Tin Shed, Ventura, CA 2010 パタゴニア創業者イヴォン・シュイナードによる増補改訂版「新版 社…
  6. outdoorresortpark2017-report_1 【特集】「コールマンアウトドアリゾートパーク 2017」開催レポ…
  7. coleman12 コールマンが屋外イベント「コールマンアウトドアリゾートパーク 2…
  8. patagonialongrootale パタゴニアのクラフトビールが日本上陸。食品事業「パタゴニア プロ…

新着記事

  1. freddyleck-meguroharamachi-open
  2. renomaparis-ikebukuro-open
  3. mercedesme-ginza
  4. liquidesimaginaires-beautedudiable
  5. renomaparis-ikebukuro

FEATURE – 特集

  1. moltonbrown-2018xmas_top
  2. huntingworld-renatakeshita
  3. sharegreenminamiaoyama-open
  4. balmuda-thelight_4
  5. stressless-hoshino

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP