FASHION

アレキサンダー ワンの17SSは、モード界の革命児が魅せる新たなる“ストリート”への挑戦



alexanderwang-17SS

アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)が、2017年春夏メンズコレクションを発表した。

今季は、馴染みの深いオールアメリカンなシルエットにレジャーやスポーツの要素を歪ませ、全く異なるスタイルに再構築。アイビーリーグ出身の育ちの良さと自信を漂わせながら、折衷的な社会のスピードを生き抜く男性像を表現した。

タータンチェック、ストライプ、マルチボーダー、レオパードなど、キャッチーでインパクトのある様々なパターンを取り入れ、ワンの代名詞とも言える“スポーティー”なアイデアを、時間軸を超えて融合させたルックが並ぶ。プレッピーなオーバーサイズのノーティカジャケットは、ジャカード織りのニットを合わせることでクラシカルな表情を見せ、一方で伝統的なチェック柄はシェフパンツやサッカーショーツなど、不敵とも言える組み合わせで提案する。日本製のコンパクトテックニットも、フィッシュテイルパーカーや手作り感のあるタイダイのフーディーにはループタイを装飾するなど、どこかにトラディショナルな要素を加えて見せた。

昨シーズンに引き続き、カレッジのアスレチックウエアの要素も取り入れられ、ニットのラガーシャツ、ラムスキンやスエードのコーチジャケット、色褪たレフリージャージーなどが登場。お得意のグラフィックやテキストも、生意気な刺繍やジャガードに織り込まれるなどの手法でアップデートされた。アクセントとなっているのは、カンゴール(R)(KANGOL(R))とのコラボレーションにより誕生したピーブルハット。フットウエアは、スケートカルチャーからインスパイアされた印象的なカラーパレットのスニーカーや、軽快なエスパドリーユ。

圧倒的なサブカルとしてのポップカルチャーのコンセプトに、ストリート、プレッピー、ワークウエア、そしてヒップホップなどの異なるコンセプトを融合させ、大人の日常をユーモラスに、そして破壊的に捉えた今回のコレクション。エキセントリックで多様な現代文化を吸収しストリートへと昇華する、モード界の革命児の挑戦はまだまだ終りそうにない。



[元記事:アレキサンダー ワン、モード界の革命児が魅せる新たなる“ストリート”への挑戦【2017年春夏メンズ】]

fashion_headline_2.png

関連記事

  1. lqqkstudio-24ss LQQK Studio 2024SS COLLECTION
  2. A.P.C._INTERACTION_#22_NATACHA_RAMSAY-LEVI_2(1) アー・ペー・セー、「INTERACTION」にナターシャ・ラムゼ…
  3. THE NORTH FACE (4) ザ・ノース・フェイス「URBAN EXPLORATION」から、…
  4. BUENA VISTA 大森南朋をモデル起用。石塚啓次が手掛けるブランド「ブエナスタ」が…
  5. fumitoganryu-24aw FUMITO GANRYU 2024 AW COLLECTION…
  6. lmr24ss-main 「ルメール」が、2024年春夏コレクションを発表。ベトナムへの「…
  7. awbody-1 アレキサンダーワンの「ボディウェア」が、日本上陸。Tシャツやアン…
  8. marimekkosashikae 「マリメッコ」から新作ホームコレクションが登場。ライフスタイルを…

新着記事

  1. Mardi Mercredi (8)
  2. alexanderwang
  3. EYEWEAR - LANDING PAGE DESKTOP
  4. Blue Bottle Coffee Japan (10)
  5. jbc-main

FEATURE – 特集

  1. samsonitebiz24ssmain
  2. milamoretop_
  3. heres-main
  4. samsonitebiz23aw_top
  5. nochino6

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. HYPEGOLF-3
  2. vintage-meet-025
  3. vintage-meet-024
PAGE TOP