FASHION

「ルメール」が、2024年春夏コレクションを発表。ベトナムへの「旅」からインスパイア



lmr24ss-main

「ルメール(LEMAIRE)」が、2024年春夏コレクションを、日本時間の6月21日に、フランス・パリで発表。

ベトナムへの「旅」からインスパイアされた最新コレクションは、レイヤーリング、結び目、フード、軽い素材で作られたガーメントを通して表現。また、ガーメントとともに旅をするという考えのもと、自由と冒険の精神を融合している。この風通しのよい機能的なコレクションでは、体と生地の他者性を体験する方法として設定し、見た目を変化させ、風景に溶け込むよう提案している。

会場となったピエール&マリー・キュリー・キャンパスの廊下は、夏の雨でまだ地面が濡れていた。そこに登場したのは、最近の豪雨を思い起こさせるような輝きを放つガーメント。まるで嵐を飲み込んだかのように、濡れた旗竿に映るその姿は、コーティングされたコットンと湿った色の明るさを、映し出しているかのようだ。肩がけや、インナーベルト付のクロスボディなど、歩く時にも邪魔にならないように工夫されたレイヤードのコーディネートも印象的。また、旅の必需品を収納するポケット付ベストは、偉大なレポーターたちへのオマージュとともに、実用性を表現。その他、通気性の良い素材、風通しの良いコットンや流れるようなシルクなど、暑さの中でも快適な着心地の素材を採用し、軽さを追求したウェアは、不測の事態からも身を守ることが可能。その他、レインケープや取り外し可能なフード、日差しを防ぐバイザーなど、旅に持参したいアイテムが揃った。

カラーは、東南アジアで使われているケープや防水シートをイメージした色として、オークル、グリーン、トープ、カーキに加え、アイスアプリコット、レモングレーズドのトロピカルな配色が目立った。また、色褪せたストライプやフラワープリントの青緑などが登場し、モダンでありながらレトロな色使いが印象的だ。現代のノマドのニーズを満たすために細心の注意を払ったデザインは、適応性だけでなく、思いがけないドレープやアシンメトリーカットなどのディテールにより、ブランドの美学を象徴している。これらは、調節可能なストラップ、しなやかで引き締まったウエスト、または変化自在なシルエットにより、日常生活に合ったワードローブを叶えており、見え隠れするように見える肌の露出は、身体の新しい官能性を表現している。

関連記事

  1. lqqkstudio-24ss LQQK Studio 2024SS COLLECTION
  2. A.P.C._INTERACTION_#22_NATACHA_RAMSAY-LEVI_2(1) アー・ペー・セー、「INTERACTION」にナターシャ・ラムゼ…
  3. THE NORTH FACE (4) ザ・ノース・フェイス「URBAN EXPLORATION」から、…
  4. BUENA VISTA 大森南朋をモデル起用。石塚啓次が手掛けるブランド「ブエナスタ」が…
  5. fumitoganryu-24aw FUMITO GANRYU 2024 AW COLLECTION…
  6. marimekkosashikae 「マリメッコ」から新作ホームコレクションが登場。ライフスタイルを…
  7. renoma23ss_top renoma PARIS 2023SS COLLECTION
  8. AIGLEemma-3 emmaが「エーグル ジャパン」初のアンバサダーに就任。トレンチ…

新着記事

  1. ©Keiichi Tanaami
Courtesy of Mattel and NANZUKA
  2. amankyoto (2)
  3. Ofumum (2)
  4. CONVERSE STORE HARAJUKU (7)
  5. ALPHA INDUSTRIES (1)

FEATURE – 特集

  1. samsonitebiz24ssmain
  2. milamoretop_
  3. heres-main
  4. samsonitebiz23aw_top
  5. nochino6

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. HYPEGOLF-3
  2. vintage-meet-025
  3. vintage-meet-024
PAGE TOP