FASHION

ギンザ シックスにディオールの新旗艦店「ハウス オブ ディオール」が誕生。ホームコレクションやカフェも日本初上陸



houseofdior

ディオール(Dior)は、メゾンのすべてを集結させた「ハウス オブ ディオール(House of Dior)」を新旗艦店として、ロンドン、ソウルに続き、銀座6丁目にオープンしたギンザ シックス(GINZA SIX)の一角に出店した。

店舗は地下1階から4階までの5フロア構成。中央通り沿いに位置し、白い布が重なり合うような壁面に4つの大きなウィンドウを設けた、印象的なファサードに仕上げている。1階より足を踏み入れると、天井高7メートルの吹き抜けが開放感溢れる空間を演出。白を基調としたモダンな内装は、世界中で展開するディオールブティック同様、建築家のピーター・マリノ(Peter Marino)が手掛けた。

地下1階は広々とした空間を贅沢に使い、ディオール オム(DIOR HOMME)を展開。ウエア、シューズ、レザーグッズ、アクセサリーなどを充実させ、スーツやシャツのセミオーダーができる「ドゥミ・ムジュール」サービスも提供する。さらにオープン時には、ドイツのヘッドホンメーカー「ゼンハイザー(SENNHEISER)」とのコラボレーションアイテムを用意。ディオール オムとしては初のコラボレーションとなり、ブラック×レッドカラーのヘッドフォンやアンプなど必見だ。

1階は白と黒の石炭岩を幾何学的に配した美しい床が特徴で、最新モードのレザーグッズ、アクセサリー、ファインジュエリーと時計のコレクションが一堂にそろう。オープンを記念したギンザ シックス限定アイテムの時計「ラ ミニ デ ドゥ ディオール」(49万5,000円)、サングラス「ディオールオンド1(DIORONDE1)」(ピンクのみ銀座店限定・4万6,000円)なども発売され、さらに1953年にムッシュ・ディオールが発表した日本がアイデアソースとなっているアフタヌーンアンサンブル「ジャルダン ジャポネ(Jardin Japonais)」に着想を得たというコレクション「ジャディオール(J’ADIOR)」も全世界先行で披露された。カプセルコレクションはスモーキーカラーのフラワープリントを基調とし、プレタポルテ、バッグ、シューズ、アクセサリーなどを幅広くラインアップ。

壁面に現代美術作家タリク・キスワンソン(Trick Kiswanson)のアートピースが飾られた2階はウィメンズシューズとバッグを並べる。3階はウィメンズプレタポルテのフロア。アーティスティックディレクター、マリア・グラツィア・キウリ(maria grazia chiuri)が手掛けるコレクションピースからデイリーウエアまで最旬のラインアップをそろえる。

4階はホームコレクション「ディオールメゾン(Dior MAISON)」とカフェ「カフェ ディオール バイ ピエール エルメ(Cafe Dior by Pierre Herme)」を併設。いずれも日本初上陸となる。ディオールメゾンではリネン製品や食器、ステーショナリーなどを扱うが、店頭展開されていないアイテムも一部取り寄せ可能とのこと。カフェはソウルに次ぐ出店となり、日本の食材を使ったオリジナルメニューを堪能できる。


[元記事:ディオールの全てを体感できる「ハウス オブ ディオール」がギンザ シックスに誕生。ホームコレクションやカフェも日本初上陸]

fashion_headline_2.png

関連記事

  1. bmbrew-1 バルミューダのコーヒーメーカー「バルミューダ ザ・ブリュ…
  2. cgs-5 “新生”「カリフォルニア ジェネラルスト…
  3. rain-10 バルミューダの空気を洗う美しい加湿器「レイン」今年度の販売が開始…
  4. bmtch-1 バルミューダの新ブランド「バルミューダ テクノロジーズ」が発表…
  5. marshallhp-12 マーシャル初のトゥルーワイヤレスイヤホン「ModeII」が登場…
  6. osajikako-3 ホームフレグランス調香専門店「kako -家香-」が蔵前にオープ…
  7. TPS-3 メルボルン発インドアプランツショップ「プラントソサエティ」が日本…
  8. elle7-1 (3) 山下智久がディオールをセクシーに着こなす「エル・ジャポン」の最新…

新着記事

  1. n5osaka-1
  2. cbt-1
  3. franshlw-6
  4. toua-7
  5. apm467-1

FEATURE – 特集

  1. pjtmwinter-1
  2. renomaparis20ss
  3. stressless-temiyage-top
  4. stressless-chair
  5. stressless-wine

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP