CULTURE

ディズニー映画の名作「メリー・ポピンズ」続編が来春公開。世界中を魅了した魔法使いの物語の20年後「メリー・ポピンズ リターンズ」



SOL_Jpn_payoff_0413fix

P.L.トラヴァースの小説「メアリー・ポピンズ」を基に1964年に公開され、アカデミー賞13部門ノミネート&5部門受賞した映画「メリー・ポピンズ」の新しいエンターテイメント作品である「メリー・ポピンズ リターンズ」がウォルト・ディズニー・ジャパンより、2019年2月1日から全国ロードショーにて公開される。

ウォルト・ディズニーがそのヒロイン像に惚れ込み、最も映像化を望んだと言われる「メリー・ポピンズ」は、ディズニー・スタジオ製作で1964年に公開され、実写とアニメーションが織り交ぜられた革新的な映像と印象的な音楽やダンスで観る者の心を掴み、今もなお世界中で愛され続けている作品だ。

SOL_Jpn_payoff_0413fix

今回の物語の舞台は、前作から20年後。バンクス家の長男マイケル・バンクスは、今では家族を持つ親となり、父や祖父が働いていたロンドンのフィデリティ銀行で臨時の仕事に就いていた。しかし、大恐慌時代のロンドンでは金銭的な余裕がなく、更にマイケルは妻を亡くしたばかりで家の中も常に荒れ放題で、バンクス一家は窮地に追いやられていた。そんな中、さらに追い打ちをかけるように融資の返済期限切れで家を失うピンチが起きる。その時、あの“ほぼ完璧な魔法使い”メリー・ポピンズが風に乗って彼らの元に舞い降りる。20年前と1ミリも変わら ぬ容姿の彼女が起こす奇跡で、バンクス一家は幸せを取り戻すことができるのかを描いた感動の物語になっている。

主演のメリー・ポピンズを務めるのは、「プラダを着た悪魔」(2006)、「ガール・オン・ザ・トレイン」(2016)、「クワイエット・プレイス」(2018)など次々話題作への出演が続き、今ではハリウッドを代表する女優となったエミリー・ブラント。また、ブロードウェイミュージカルで様々な役割を兼務することで広く知られ、ピューリッツァ賞、トニー賞、グラミー賞に輝き、ディズニー作品「モアナと伝説の海」(2016)では作曲・歌を担当したリン=マニュエル・ミランダが、街灯点灯夫でメリーの古くからの仲間のひとりジャックを演じる。他にも、「英国王のスピーチ」(2010)、「キングスマン」(2015)のコリン・ファース、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(2012)でアカデミー賞主演女優賞に輝いたメリル・ストリープ、「007 スペクター」(2015)のベン・ウィショーなどハリウッドを代表する実力派キャストが名を連ねる。さらに、前作でバート役を演じたディック・ヴァン・ダイクも再出演する。

今回、ディズニーの伝統とも言える「メリー・ポピンズ」を新しいエンターテイメント作品として映像化したのは、前作の大ファンであると公言するロブ・マーシャル監督。舞台演出家、そして振付師であると同時に、「シカゴ」(2002)、「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」(2011)、「イントゥ・ザ・ウッズ」(2014)といったヒット作を手掛けてきた彼が描くメリー・ポピンズの世界に注目が集まる。

また、新曲を含む音楽を、グラミー賞とトニー賞受賞のマーク・シェイマン「ヘアスプレー」 (2007))とトニー賞受賞者でエミー賞に3度のノミネート経験を持つスコット・ウィットマン(「ヘアスプレー」)が担当。

豪華なスタッフ・キャストとディズニーが贈る本作品は、彼女が一体どんな魔法で、ディズニー史上最高のハッピーへ導いてくれるのか期待が高まるものとなっている。

映画「メリー・ポピンズ リターンズ」
公開日:2019年2月1日(金)全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2018 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

関連記事

  1. aobatable-1 「北欧、暮らしの道具店」初の映画、西田尚美主演「青葉家のテーブル…
  2. THE WITCHES アン・ハサウェイ主演「魔女がいっぱい」が12月公開。金髪赤リップ…
  3. KV_DRAFT_04 ビームス、トランジットらが賛同する映画業界支援プロジェクト「ビー…
  4. 「ミッキーマウス展 THE TRUE ORIGINAL & BEYOND」 キービジュアル 「ミッキーマウス展 ザ トゥルー オリジナル アンド ビヨンド…
  5. NottingHill-1 12月公開の映画「ノッティングヒルの洋菓子店」の日本版予告編が…
  6. Daughters-1 三吉彩花、阿部純子のダブル主演映画「ドーターズ(Daughter…
  7. tokyoteleworkfilm 斎藤工、“STAY at HOME”をテーマにリモート撮影で長編…
  8. 映画「ジョーカー」が公開32日間で動員280万人、興収41億円を…

新着記事

  1. OAKLEYCU-main
  2. DBOX creates strategy, design and content for the marketing of landmark properties around the globe. From our studios in London, Miami and New York, we work in close collaboration with many of the world's leading developers, investors and architects. Through the careful combination of craft and technology, we generate non-formulaic brands and experiences that are engaging, memorable and effective. A selection of our award-winning work can be seen at: www.dbox.com

DBOX’s work has been recognised by organisations including the Academy of Television Arts 
& Sciences (Emmy® Awards), Communication Arts, The Art Directors Club, World Luxury Award, American Design Awards, and The International Property Awards, and has been exhibited at 
The Museum of Modern Art, The Museum of Contemporary Art in Tokyo, The Art Institute of Chicago and The Museum of Contemporary Art in Los Angeles.
  3. zoffniji-1
  4. Laëtirais-1
  5. PEANUTS©

FEATURE – 特集

  1. renomaparis20ss
  2. stressless-temiyage-top
  3. stressless-chair
  4. stressless-wine
  5. shibuya-scramble-square

連載:コピーライター小藥元の「美ンテージ採集」

  1. vintage-meet-025
  2. vintage-meet-024
  3. vintage-meet-023_top
PAGE TOP